海外世界チャンピオン

村田諒太選手がリゴンドーに暴言!?

投稿日:2017年12月11日 更新日:

コチラも尾川選手と同じSフェザー級

待ちに待ったオリンピック金メダリスト世界チャンピオン対決が行われましたね!

結果はロマチェンコの圧勝!

リゴンドーは最後は手も足も出ない状態でした・・・

身体の大きさが明らかに違うことで、前の手で自分の距離を保ちながらサイドへの動きを巧みに入れながら完全にロマチェンコが試合を支配していました。
ただ、この試合でTKO負けしたリゴンドーが叩かれ気味ですが(村田諒太選手が「プロとしてどうか」と言っていました)格闘技なんて噛み合わせですからね。
強い選手同士が戦ったら凡戦になるのはわかりきっていることなのに皆が勝手に期待しては試合後に叩くというのを繰り返してますね(私もその一人ですが笑)

それにしても、一旦村田選手はWOWOWの解説の仕事をお休みしませんか?
現役世界チャンプの解説になんの魅力も感じないのは私だけでしょうか?(ファンとしてです。ただただ試合で魅せてほしいという意味)

とにかくロマチェンコ、リゴンドーお疲れさまでした!!



スポンサードリンク

ブログランキング参加中!
応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-海外世界チャンピオン
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


  1. じゅん より:

    というか普通にリゴンドーなんてプロとして失格でしょ

    勝つ試合はリスクを取らず塩試合
    負ける試合はクリンチ三昧で早期退散
    リング後打撃でノーコンテスト

    プロとして失格だよ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お金は選手を変える?メイウェザー・ゴロフキン・・・そして我らが井上尚弥!?

ゲンナジー・ゴロフキンVSカネロ・アルバレスの再戦は実現するのか!?  昨年9月に対戦した2人。ゴロフキンが勝っていたとの声が多い中でのドロー決着。 しかし、カネロのドーピング違反が発覚し、仕切り直し …

体重オーバーの相手も大破!バルデス強し

WBO世界フェザー級タイトルマッチの前日計量が現地で行われ、王者オスカル・バルデスが125.8ポンドでリミットをクリアしたものの、挑戦者のスコット・クイッグが2.8ポンド(1.27キロ)オーバーであえ …

いよいよ!井上尚弥WBSSラスト・・・その他の2019年後半世界戦

台風が過ぎ去って熱さが襲ってくる中、一向に進まない満員電車に揺られながら 「・・・いやまだ火曜日かい!?」 と思った会社員の方、非常に多いのでは? お疲れの身体はコチラで癒してください👇 2019年後 …

井上尚弥今夜!マクドネル、計量がゴールではないよ

本日25日、ゴングとなるダブル世界タイトルマッチの計量が24日、東京ドームホテルで行われました!! WBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネルは予定時刻を1時間10分遅刻して登場。 53.3キロで …

no image

ロマゴンを2度撃破した男シーサケット!!

ローマン・ゴンザレス 前回の記事で「井岡選手がロマゴンから逃げた」と言われていると書きましたが、どのスポーツにも「生きる伝説」的な選手がいるようにボクシングで言うと軽量級ではロマゴン。 中量級になると …

 

Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish