『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』

山田BODY/元アマボク日本ランカー・現ストレッチトレーナー

持論 日本人世界チャンピオン

田口>メリンド>八重樫

投稿日:2017年12月29日 更新日:

大晦日、Lフライ級王座統一戦でWBA王者の田口良一と2本のベルトを争うIBF王者のミラン・メリンド

正直、実力は田口選手が上なんです。

ただ、メリンド選手の「八重樫選手を1R KOした」という自信が怖いんですよね・・・

「自信」と言えば私の頭に必ず浮かぶのが山中慎介選手。

山中選手はプロデビューしたてのころは負けはしなかったものの、判定勝ち、ドローを繰り返し所属する帝拳ジムも正直期待していなかった選手でした。

ただ、何戦かした頃にジムの関係者が「そういえば山中ってスパーリングはめちゃくちゃ強いよな」ということに気づき出しました。

ちょうどその時期に、別の日本人選手との世界戦のため来日してきた世界ランカーとのスパーリングパートナーを務め、その相手をぶっ倒しました。

その衝撃は翌日のスポーツ新聞に載るほど。

そのあたりから山中選手は
「自分は倒せるパンチをもっている」
とあらためて自信がついたのだそうです。

もともと防御のセンスはずば抜けていた山中選手はそこから
「もらわずに倒す」
ボクシングを極めることになります。
スポンサードリンク



山中選手にスイッチが入った原因は確実に「スパーリングは強い」と言われだした頃に世界ランカーを倒したという「自信」ですね!

私はどんなスポーツでもトップレベル同士が戦う時、最も必要なのは「脱力(リラックス)」だと思っています。

そして、その脱力のために必要なのが「自信」だと思っています。

田口選手はこれまて究極に追い込んできたと思いますのでで本番は
メリンドを上回る「自信」からくる「脱力」
でぜひとも勝ってほしいですね!

ブログランキング参加中!
応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-持論, 日本人世界チャンピオン
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

比嘉連続KO並んだ!浜田剛史の本音は?

4日に行われたWBC世界フライ級タイトルマッチは王者の比嘉大吾が元2階級制覇王者で挑戦者9位モイセス・フエンテスに1回2分32秒KO勝ちをし、2度目の防衛に成功するとともに、15連続KO勝利の日本タイ …

井上尚弥とキヌアは世界最強!!

朗報です!! 便秘でお悩みの方は、なにも言わずにとりあえずキヌア食べてください。 ぼくは朝晩かならずキヌア食べて、夜は必ず睡眠ダイエットおこなってるんですが 【購入はこちら】 ほんっとに何を食べても太 …

7階級制覇狙える!?エリート京口に挑むは雑草久田

WBA世界L・フライ級タイトルマッチ12回戦(大阪市・エディオンアリーナ大阪)の前日計量が30日、同アリーナ大阪で行われ、2度目の防衛を目指すスーパー王者、京口紘人(25=ワタナベ)はリミットの48. …

泣き虫粟生再び!!

元世界2階級制覇王者の粟生隆寛選手が3月1日、両国国技館で行われるダブル世界タイトルマッチの前座で、2年10ヵ月のブランクを経て復帰戦を行うことになりました!! 粟生選手は12年10月にWBC世界S・ …

ロマチェンコの金メダリスト対決で思ふ。村田諒太世紀の一戦なるか!?

31日(日本時間9月1日)ロンドンで3階級制覇王者ワシル・ロマチェンコが自身の保持するWBA&WBO世界ライト級王座・WBCベルト<王座決定戦>の3冠をかけて同級1位ルーク・キャンベルと対戦 …



Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish