持論 日本人世界チャンピオン

田口>メリンド>八重樫

投稿日:2017年12月29日 更新日:

大晦日、Lフライ級王座統一戦でWBA王者の田口良一と2本のベルトを争うIBF王者のミラン・メリンド

正直、実力は田口選手が上なんです。

ただ、メリンド選手の「八重樫選手を1R KOした」という自信が怖いんですよね・・・

「自信」と言えば私の頭に必ず浮かぶのが山中慎介選手。

山中選手はプロデビューしたてのころは負けはしなかったものの、判定勝ち、ドローを繰り返し所属する帝拳ジムも正直期待していなかった選手でした。

ただ、何戦かした頃にジムの関係者が「そういえば山中ってスパーリングはめちゃくちゃ強いよな」ということに気づき出しました。

ちょうどその時期に、別の日本人選手との世界戦のため来日してきた世界ランカーとのスパーリングパートナーを務め、その相手をぶっ倒しました。

その衝撃は翌日のスポーツ新聞に載るほど。

そのあたりから山中選手は
「自分は倒せるパンチをもっている」
とあらためて自信がついたのだそうです。

もともと防御のセンスはずば抜けていた山中選手はそこから
「もらわずに倒す」
ボクシングを極めることになります。
スポンサードリンク



山中選手にスイッチが入った原因は確実に「スパーリングは強い」と言われだした頃に世界ランカーを倒したという「自信」ですね!

私はどんなスポーツでもトップレベル同士が戦う時、最も必要なのは「脱力(リラックス)」だと思っています。

そして、その脱力のために必要なのが「自信」だと思っています。

田口選手はこれまて究極に追い込んできたと思いますのでで本番は
メリンドを上回る「自信」からくる「脱力」
でぜひとも勝ってほしいですね!

ブログランキング参加中!
応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-持論, 日本人世界チャンピオン
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

井岡一翔VSシーサケットはこうなる!~ロマゴンから逃げた男と倒した男~

WBC世界S・フライ級王者シーサケット・ソールンビサイが21日、ノンタイトル戦を行い、世界戦挑戦歴のあるベ・ヨンキルに初回2分50秒TKO勝ちを飾りました! 2月、米国での「SUPER FLY2」以来 …

世界チャンピオン岩佐亮佑・元世界チャンピオン山中慎介、それぞれの7年間

いよいよ本日後楽園ホールで行われるIBF世界Sバンタム級タイトルマッチの記者会見と計量が15日、行われ王者の岩佐亮佑選手が55.2キロ、指名挑戦者のTJ・ドヘニーがリミットの55.3キロで通過しました …

畑山隆則の再来!伊藤雅雪をどうか大切に育てて!

28日アメリカでWBO世界S・フェザー級王座に就いた新チャンピオンの伊藤雅雪選手が3日、帰国しました! あらためて凄い勝ち方でした!! 伊藤選手、無敗のチャンピオンディアス相手に身体で負けてませんでし …

ロマチェンコ後継チャンピオン伊藤雅雪から考える自己プロデュース論

WBO世界S・フェザー級王座決定戦が28日、アメリカで行われ、同級2位の伊藤雅雪選手は1位クリストファー・ディアスに3-0判定勝ちでタイトルを獲得しました! これはすごい!!すごい!!あのロマチェンコ …

八重樫、再びあのアウトボクシングを!

元世界3階級制覇王者の八重樫東選手が26日、後楽園ホール「第63回フェニックスバトル」のセミに登場しSフライ級10回戦でインドネシア・フライ級王者のフランス・ダムール・パルーに2回2分24秒TKO勝ち …

 

Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish