山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』

『元プロボクサー・トレーナー芸人』山田BODYによるブログ

IBF WBA WBC スーパーチャンピオン 日本人世界チャンピオン 海外世界チャンピオン 統一戦

強い上に紳士的・・・ゴロフキンに魅了されるボクサー続出!

投稿日:

バネス・マルティロスヤンに2回KO勝ちで世界ミドル級統一王座の防衛に成功したゲンナジー・ゴロフキンがバーナード・ホプキンスが樹立した同級の連続防衛記録V20に並びました!

ピークを超えたと言われていても、やはり笑ってしまうくらいの強さでしたね・・・

観戦した村田諒太選手は
「自分が戦う前提で彼の試合を観戦するようになって、彼の良いところ、悪いところが見えてきた。パンチに対する反応に限って言えば若干の衰えは隠せない。 やるべきことはゴロフキンのあの強打を貰わないことに終始徹底して戦い続けること。」

と前向きに話しながらも

「まだ現実的に彼との試合が目の前にあるわけではなく、試合後のインタビューでもチャーロ、アンドラーデをあげている中に自分の名前はないので、まずは対戦相手としてリストアップされるように次の試合でアピールしていきたい。」

と冷静な意見。



スポンサードリンク

試合に敗れたマルティロスヤンは
「ゴロフキンは36歳だけど、リアルディール(本物)だ。」
とゴロフキンの強さを認め、
「なぜカネロがその種類の肉を食べたか私はわかったよ」と語り、笑いを誘ったそうです。

ゴロフキンに敗れた選手って、圧倒的強さを見せられた上に、紳士的な人柄を見せつけられ、納得の敗北となるパターンが多いですよね。


ボクシング=強い
性格=良い
顔=男前

「負けた時、めっちゃ相手の悪口言う」とかが無いと同じ男として納得いかないですね・・・(笑)

ブログランキング参加中!
応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



-IBF, WBA, WBC, スーパーチャンピオン, 日本人世界チャンピオン, 海外世界チャンピオン, 統一戦
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

那須川天心VS辰吉寿以輝のRIZINコラボ企画解説は山根明で

フロイド・メイウェザーに続き、マニー・パッキャオまでもがRIZIN参戦!? とニュースになりましたが、実はマ二ー・パッキャオの推薦する選手が那須川天心選手と対戦。 というニュース、、 なんやそれ!? …

マニー・パッキャオがメイウェザー戦に向けて、逆オヤジ狩り!

ラスベガスで19日行われたWBA世界ウェルター級“レギュラー”王座タイトルマッチは、王者マニー・パッキャオが挑戦者6位エイドリアン・ブローナーに12回3-0判定勝ち。 昨年7月マレーシアでルーカス・マ …

YOUTUBEで京口VS久田を見た視聴者を見て思ふ

WBA世界L・フライ級タイトルマッチが1日、エディオンアリーナ大阪で行われ、スーパー王者の京口紘人(ワタナベ)が挑戦者1位の久田哲也(ハラダ)を3-0判定で下し、2度目の防衛に成功しました!! スコア …

淡々と20戦20KO、アンソニー・ジョシア

村田諒太選手が「久しぶりにヘビー級が盛り上がってる」とおっしゃっていた。 その原因はこの人 アンソニー・ジョシア選手 オリンピック元金メダリストで、表すならアマチュアのいいところだけ残してプロに必要な …

山根明に支配された世界で育った岡田博喜が「世界」へ!

世界ユース選手権優勝の堤駿人選手の弟で、兄と入れ替わりに千葉・習志野高に入学した堤麗斗選手は1年生ながらライト級で優勝を飾りました!! 周りからのとてつもない期待がかかった試合。 しかもまだ1年生。 …



Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish