山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』

『元プロボクサー・現ボクレッチトレーナー芸人』    松竹芸能山田BODYによる素直なブログ

WBC アマチュア出身 スーパーチャンピオン 元世界チャンピオン 帝拳ジム 引退 持論

ないものねだりは山中慎介を見て学ぶべし

投稿日:

前日本王者でIBF・Sフライ級1位の船井龍一選手が20日、5月4日に米カリフォルニア州ストックトンのストックトン・アリーナでIBF世界同級王者ジェルウィン・アンカハス(比)に世界初挑戦することが決まりました!

記者会見で船井選手が冒頭に発した
「ついに来たかという感じ」

という言葉通り、ワタナベジム入門18年目!!

33歳でようやくつかんだビッグチャンス!!

「アマ出身の若い子がすぐチャンピオンになる時代だけど、33歳でやるのが遅いとは思わない。いまがベストタイミング」

と前向きな発言。

ここで、私の完全個人的意見、、

なんでこういう時に、船井選手しかり多くの人が

ノッてる側、というか第一線側の人を出した発言をするんですかね?

意味わかりずらいですかね?

なんというか皮肉混じりと言うか、、

例えば、物作りの職人さんが

「俺は◯◯さんみたいに人付き合いがうまくないから、コツコツ1人こもって作業だけして仕事とる」

、、いや、最初の言葉必要!?



芸人でもそうです。

「いまは特技でテレビに出るのが簡単な方法だけど、自分はネタにこだわります」

、、、いや人それぞれやん!

特別を活かすのもその芸人が編み出した「芸」やし、人それぞれやからこそ芸人やってんじゃないの!?職人やってんじゃないの!?

いちいちごちゃごちゃ言わずに自分の生き方で表現するのが最もかっこいいと思います。

発言するってことは気にしてる証拠ですからね。

オカンも小さい頃よく言うてました

「よそはよそ!ウチはウチ!」



スポンサードリンク

 

あ、話がそれまくりました、、

対戦相手のアンカハスは27歳、30勝20KO1敗2分のサウスポーで、これまで6度の防衛を成功させています。

33歳の船井選手は31勝22KO7敗。

アマチュアキャリアがほとんどなく、プロでは4回戦時代に3敗。

でも、これは気にすることはありません。

私の最も尊敬するボクサー、山中慎介選手も4回戦時代は黒星ギリギリのドローなどもあり、所属する帝拳ジムからは全く期待されていない中、自分の信じたストレートを磨きに磨き続け、世界12度防衛「神の左」と呼ばれるまでの選手になりました。

通算パンチ数6401発中、ストレートが5896発という驚異の数字。

ご本人も自らを

「歴代世界1の引き出しの少なさ」

と揶揄してます(笑)

でも、これが大切なんだと思うんです。

先ほどの話に戻りますが、周りと比べたら、普通は

「チャンピオンなんだからパンチのバリエーションを増やさないと!!」

と思うものです。

しかし、山中慎介選手にとっては他の選手なんて関係ないんです。

あの人は他の選手のことなんて一切言わないです。

先ほども書きましたが、発言するってことは気にしてる証拠ですからね。

他の人がどう生きようが関係ないです。(もちろん良い意味で)

船井選手は、5/4

本当に自分のボクシングをしてください。

そうすれば、同じような境遇の選手の心が動くと思います。
・・・と偉そうに言いながら、他人のことばかり気にする男の戯言でした(笑)



先日、山中慎介さんにお食事連れて行ってもらいました。
山中さん、引退して新たな野望をいだいてましたよ。
それを聞き、ますます好きになりました。

ー山田BODY-

私のパーソナルジムでミット打ちをやってみたい方30分体験にご参加ください
体験に興味がある

YouTubeほぼ毎日更新中
「山田BODY」で検索・チャンネル登録よろしくお願いいたします!


【NEW】私のパーソナルジムでおこった恐怖映像です

パーソナルレッスンはこちら⇒【3500円30分体験受けてみる

ブログランキング参加中!
最後まで読んでくださりありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村



 

 




 

-WBC, アマチュア出身, スーパーチャンピオン, 元世界チャンピオン, 帝拳ジム, 引退, 持論
-, , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


  1. […] 詳しくはこちらに書いてます 『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ボクシング界のマツコ・デラックス?細川バレンタインVS無敗の新星井上浩樹

第40回チャンピオンカーニバルの発表会見が東京ドームホテルで開催されました!! 実施階級は13階級。 中でもボクシングファン一番の注目はSライト級の細川バレンタイン選手VS井上浩樹選手ではないでしょう …

WBSS井上尚弥を倒せる唯一の方法〜決勝ノニト・ドネアとの対決〜

ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズWBSS、バンタム級準決勝で、IBF王者エマヌエル・ロドリゲスを2回TKOで下した井上尚弥選手が試合後の記者会見で安堵の表情を見せました! 前回の70秒には劣る …

井上尚弥のスパーリングパートナーで母国に家が建つ

5月25日大田区総合体育館でWBA世界バンタム級正規王者ジェイミー・マクドネルに挑戦する2階級制覇王者の井上尚弥選手が1日、新たなメキシコ人パートナーとスパーリングを開始しました!  大橋ジムはこれま …

ミライモンスター潰しの村田昂選手に注目!

東京農大、松本圭佑選手がミライモンスターで取り上げられていました。 もうかれこれ6回目(?)の出演なんですね 未来の日本ボクシング界を担うミライモンスターと呼ばれながら、ライバル堤駿斗選手(東洋大)に …

頂上決戦リナレス×ロマチェンコ戦を振り返る

さてあらためて リナレス×ロマチェンコ 名もなきトレーナー目線でお話させていただきますと・・・ お互いがあのレベルまで行くと どちらが常に主導権を握っていたか?という 格闘技としての根本的な理由で、試 …



Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish