OPBFチャンピオン WBC アマチュア出身 持論 日本人世界チャンピオン

兄・井上尚弥と弟・井上拓真の決定的な差とは?

投稿日:

井上尚弥井上拓真の差

これ失礼な題材だと思いますし、ご本人が万が一観られた時にあまり気分がいいものではないと思いますので前もって書いておくと、ボクシング技術というわけでなく、
井上拓真選手は身体にあった筋肉の使い方ができていないと思うんです。

ウバーリとの試合を見返していただきたいのですが、井上拓真選手が(VSサウスポーというのもありますが)完全にスタンスの横幅(前後ではなく)が狭いんですよね。
ボクシングでは「表面が薄いという」表現をしますが、あれだと井上拓真選手の身体つきからしてものすごくバランスが取りづらそうで、常に重心が少し浮いてますし、それだけでなく表面がうすいせいで右ストレートを打つ際に、拓真選手の分厚い胸筋が邪魔してパンチの可動域が完全に短くなっています。

さらに下半身の柔軟性(特に腸腰筋)が硬いせいで腰のひねりにストップがかかってしまい、井上尚弥選手のようにパンチが拳に乗りません。





スポンサードリンク
山田BODYパーソナルジム『山田BODY式ストレッチ』ホームページ
YOUTUBE始めました!!ご登録お願いします♪👇
山田BODYチャンネル

おそらく井上拓真選手は正確なパンチ力は絶対、兄である井上尚弥選手より強いはずです。

おそらくまだリングの上で、一度もベストなパンチを打っていないのではないでしょうか?

その原因の一つに先述しました表面の薄さがあります。

大切なのは、指導者は同じだとしてもそれぞれ戦い方は変えないといけません。

ひとりひとり筋肉の付き方、運動神経、柔軟性はまったく違います。





スポンサードリンク
山田BODYパーソナルジム『山田BODY式ストレッチ』ホームページ
YOUTUBE始めました!!ご登録お願いします♪👇
山田BODYチャンネル

ちなみに、井上拓真選手は思い切って表面を厚く(スタンスの横幅が広い状態)して、決して兄のように柔軟なしなやか系の筋肉ではないので体ごとぶつけるようなパンチ。

わかりやすく言うと京口紘人選手にようなパンチの打ち方があっていると思います。

井上尚弥選手や山中慎介選手、那須川天心選手のように体幹系ではなく、
京口選手や、全盛期のマイク・タイソンのような体重移動系パンチがあっていると思います。

そのためにもあのスタンスでは間違いなく井上拓真選手の本来の良さは出ません。

4スタンス理論という考え方があるのですが、村田諒太選手ブラントに負けた後、この4スタンス理論を学び、再戦で圧勝したといわれています。
ちなみにこの考え方は、人間には4つの重心がありその人にあった重心の乗せ方があるんです。

4スタンス理論を知ってるか知らないかで人生が変わる

村田選手でいうと、長年、右後ろに体重を乗せて戦っていたのですが、4スタンス理論を学び実は自分にあっている重心は左前であることが分かったんです。
※うる憶えですので詳細は各自お調べください

その後、さらに圧倒的な強さを見せた村田諒太選手のように必ず井上拓真選手も驚くほど化けます。

これは間違いないです!

スタンスと自分にあった重心はもう一度見直すべきかと思います。

◆著者◆
ボクレッチ(ボクシング&ストレッチ)トレーナー・芸人
山田BODY

私のパーソナルジムでストレッチを受けてみたい&ミット打ちをやってみたい方30分体験にご参加ください
体験に興味がある

twitterやってます!!👇
山田BODYtwitter

YOUTUBE始めました!!ご登録お願いします♪👇
山田BODYチャンネル

ブログランキング参加中!
最後まで読んでくださりありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村



 

 




  • LINE
  • -OPBFチャンピオン, WBC, アマチュア出身, 持論, 日本人世界チャンピオン
    -, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

    執筆者:


    comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    関連記事

    井上尚弥、京口、村田・・・格闘家たちの減量まとめてみた

    京口紘人選手がコロナ陽性により世界戦が延期に 大阪市のインテックス大阪5号館Aで開催される予定だったWBA世界L・フライ級スーパー王座戦が延期となった。日本ボクシングコミッション(JBC)と主催のワタ …

    世界チャンピオン岩佐亮佑・元世界チャンピオン山中慎介、それぞれの7年間

    いよいよ本日後楽園ホールで行われるIBF世界Sバンタム級タイトルマッチの記者会見と計量が15日、行われ王者の岩佐亮佑選手が55.2キロ、指名挑戦者のTJ・ドヘニーがリミットの55.3キロで通過しました …

    決戦前夜!!久我VS和氣~舌戦では和氣が若干有利に~

    日本Sバンタム級タイトルマッチの前日計量は王者の久我勇作選手と挑戦者の和氣慎吾選手が26日 MLB cafe東京ドームシティに集い行われました!  WBAとWBC7位を筆頭に4団体で世界ランク入りし、 …

    WBSS井上尚弥の敵はパヤノではなく〇〇〇

    ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級初戦で、WBA王者の井上尚弥選手に挑戦するフアン・カルロス・パヤノが2日、公開練習を行いました!    パヤノはアマで528戦、プロでもW …

    ゴリラと戦う日本人、村田諒太

    ニューヨークのバークレイズセンターで21日行われたWBCミドル級暫定王座決定戦は、同級1位ジャモール・チャーロ(通称『殺し屋』・チャーロ兄弟の兄)が4位ウーゴ・センテノに2回55秒KO勝ちしました! …



     

    Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish