山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』

『元プロボクサー・トレーナー芸人』山田BODYによるブログ

アマチュア出身 スーパーチャンピオン リスペクトボクサー 持論

ロマチェンコの強さは立体系ボクシング

投稿日:

ワシル・ロマチェンコVSホルヘ・リナレス

いやぁ~何度も見れますね
※YouTubeは違法アップロードばかりで貼り付けることができないためご自身でお探しください

ロマチェンコのボクシングを私は立体系ボクシングと呼んでいるのですが、並みの一流ボクサーと大きく違う点はとにかく360°を完全につかうフットワークであると思います。
前後のステップが素晴らしいボクサーはたくさんいて、サイドに相手を詰める方法が巧みなボクサーもたくさんいるのですが、ロマチェンコの恐ろしいところはスピードを決して落とさないまま前後左右のステップをおこなうところですね!

例えば、ロマチェンコがストレートを打つ
→相手がリターン
→ロマチェンコはサイドに
→相手がそちらに打つ
→ロマチェンコがカウンターを打ちながらサイドステップ
→相手がそちらに打つ
→ロマチェンコがカウンターを打ちながらサイドステップ
・・・

とすべてワンテンポ、ロマチェンコが先を行き相手が一歩遅れます。

なので、一見結構いい勝負ができているように観客は思うのですが実は当の本人同士からしてみれば圧倒的差で、すべてロマチェンコに「打たされている」ような状態になってしまうのです。

それもやはりロマチェンコの下半身の強さ
すさまじいボディバランスのおかげであるとおもいます。





スポンサードリンク
山田BODYパーソナルジム『山田BODY式ストレッチ』ホームページ
YOUTUBE始めました!!ご登録お願いします♪👇
山田BODYチャンネル

井上尚弥選手もそうなのですが、下半身(体幹)でパンチを打っているのでスピードは速くパンチは重く、しかも打ち終わりにはもう相手の前にいないということができるんですね。

よく試合中、トレーナーさんが
「サイドステップしろ!」
と叫んでいるのを見かけるのですが、身体のバランスが悪い状態で絶対にサイドステップはできません。

しかもただ逃げているだけではなくサイドステップをすることで攻めやすい場所に移動するわけですからね。

『よけながら次のポジションを探す

ということが重要ですね。

これは全盛期のマイクタイソンもかなり巧みでしたね。

攻撃と防御を分けていてはこの戦い方は絶対にできないと思いますので、やはりどれだけスマートに見えるロマチェンコのボクシングも井上尚弥のボクシングも、常に臨戦態勢だからこそああいった戦い方ができるのだと思います。

ぜひそう言ったところに注目してロマチェンコのボクシングを見返してみてくださいね!

◆著者◆
ボクレッチ(ボクシング&ストレッチ)トレーナー・芸人
山田BODY

私のパーソナルジムでストレッチを受けてみたい&ミット打ちをやってみたい方30分体験にご参加ください
体験に興味がある

twitterやってます!!👇
山田BODYtwitter

YOUTUBE始めました!!ご登録お願いします♪👇
山田BODYチャンネル

ブログランキング参加中!
最後まで読んでくださりありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村



 

 




  • LINE
  • -アマチュア出身, スーパーチャンピオン, リスペクトボクサー, 持論
    -, , , , , , , , , , , , , , ,

    執筆者:


    comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    関連記事

    井上尚弥・那須川天心に続け!堤駿斗

    23日「東京オリンピック記念山根カップ争奪戦」計7試合が行われました! 昨年11月の全日本選手権を制した各級のチャンピオンにトップ選手が出場しました! 高校生ながら全日本選手権を制したバンタム級堤駿斗 …

    井上尚弥・八重樫東をプロモーションするのは大橋ジムの秋元康!大橋会長

    先日、内山高志さんがインタビューで 「ボクシングがRIZINに人気で負けてる」 ような発言をしておりましたが 日本ボクシング界、現在盛り上がってますよ!! 近々OAされる番組はこちら!! ●・IBF世 …

    世界最強ランキング5位に井上尚弥!!

    WBA世界バンタム級王者井上尚弥が海外サイト、ワールド・ボクシング・ニュース(WBN)選定のパウンド・フォー・パウンド(PFP=全階級を通じての最強選手)最新ランキングで5位に浮上しました! (リング …

    クラス1強い村田くん。学年1強いゴロフキンくん。

    日本ミニマム級王座を返上したWBA世界Lフライ級2位小西伶弥が3月18日、同級1位、カルロス・カニサレスとLフライ級王座決定戦をおこなうことが発表されました!   昨年の大みそかに同級王者、田口良一が …

    兄・井上尚弥と弟・井上拓真の決定的な差とは?

    井上尚弥と井上拓真の差 これ失礼な題材だと思いますし、ご本人が万が一観られた時にあまり気分がいいものではないと思いますので前もって書いておくと、ボクシング技術というわけでなく、 井上拓真選手は身体にあ …



    Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish