山田BODYがボクシングを語るブログ

山田BODY/元アマボク日本ランカー・ストレッチトレーナー芸人

WBA アマチュア出身 スーパーチャンピオン 日本人世界チャンピオン

村田諒太がゴロフキンを倒すワケ

投稿日:2021年10月31日 更新日:

ボクシングで〝世紀の一戦〟実現が秒読みとなっております!

WBA世界ミドル級スーパー王者の村田諒太選手がプロモート契約を結ぶ米大手「トップランク」のボブ・アラムCEOが海外メディアの取材に言及している。

先日、米スポーツ専門局「ESPN」は、村田選手とIBF同級世界王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との統一戦を12月29日にさいたまスーパーアリーナで行うと伝えた。正式発表は秒読み段階としている。

いよいよ来ましたね!!

村田選手もこの試合が集大成ではないでしょうか?

村田選手は来年1月で36歳。
ボクサーとしては定年。

かたやゴロフキンはなんと39歳!!

村田選手もこれまでのインタビューなどを見る限り、ボクサーとしても人間としても尊敬している様子。

そんなゴロフキンとようやく戦えるチャンスが訪れようとしています。

これは本当にうれしいでしょうね!




さらに、村田選手は36歳になろうとも現在のボクシングスタイルが、自身のボクシング人生での完成スタイルであるといえます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

101%のプライド (幻冬舎文庫) [ 村田諒太 ]
価格:660円(税込、送料無料) (2021/11/2時点)

以前、書かせていただきました『4スタンス理論』

4スタンス理論は小1体育の授業に取り入れるべき

私はストレッチトレーナーをしており解剖学を日々学んでいるのですが、この考え方は数年後、かならず今以上にポピュラーになると思います。
簡単に説明すると、

足裏4方向の、どの位置に体重を乗せて運動動作をしているか?

という考え方です。


画像出典「Impact」様




村田選手がこの4スタンス理論で、自分に合ったスタンスを発見したのが3~4年前。

なんと、オリンピック金メダルを獲り、世界チャンピオンになったあとなんです。

それまでは、かかと外側に体重を乗せ、少し身体が伸びあがるような構えでした。「これではパンチがうまく乗らなかった」そうです。
それを大きく修正し、かかと内側に変更。
すると、自然に膝が柔らかく使えるようになり、村田選手の力強さが活かせるボクシングとなりました。

スタンスでそこまで変わるの?

と思いがちですが、実際に4スタンスを学んでからの村田諒太選手は前回大差判定で負けた相手であるブラントをKOで下し、その後も勝ち続けています。
4スタンス理論の重要さは村田諒太選手自身が強く感じておられると思います。

ぜひ、気になる方は1度立っていただきご自身で試してみてくださいね!

◆著者◆
元アマ日本ランカーボクサー・現パーソナルストレッチトレーナー・芸人
山田BODY

公式プロフィール

私のパーソナルジムでストレッチを受けてみたい&ミット打ちをやってみたい方30分体験にご参加ください
体験に興味がある

twitterやってます!!👇
山田BODYtwitter

YOUTUBEチャンネルご登録お願いします♪👇
山田BODYチャンネル

ブログランキング参加中!
最後まで読んでくださりありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村



 

 





-WBA, アマチュア出身, スーパーチャンピオン, 日本人世界チャンピオン
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フェザー級 井上尚弥vs清水聡

本日の世界戦、日本人4選手の計量が終わり、 WBO世界S・フライ級戦は、王者井上尚弥がリミットの52.1キロ、挑戦者ヨアン・ボワイヨは51.5キロだったということで、井上尚弥選手の顔を見てもわかるよう …

伊藤雅雪・畑山隆則を育てたトレーナーのある秘訣とは・・・

日本ボクシング、盛り上がってるのはWBSS井上尚弥選手だけではございません!! 5月25日、アメリカでジャメル・ヘリングとの防衛戦を控えるWBO世界S・フェザー級王者の伊藤雅雪選手が合宿先のロサンゼル …

井上尚弥・拓真とダブル世界戦で国孝行!!

大橋ボクシングジム後援会活動報告会・懇親会が18日開かれました!! 大橋秀行会長は、WBA・IBF世界バンタム級王者、井上尚弥選手のWBSS決勝について、 「開催時期は現段階で11月との見通し」 と発 …

強い上に紳士的・・・ゴロフキンに魅了されるボクサー続出!

バネス・マルティロスヤンに2回KO勝ちで世界ミドル級統一王座の防衛に成功したゲンナジー・ゴロフキンがバーナード・ホプキンスが樹立した同級の連続防衛記録V20に並びました! ピークを超えたと言われていて …

井上尚弥、WBSSダントツ優勝候補でも「チャレンジャー」

WBA世界バンタム級チャンピオンの井上尚弥選手が28日、練習を公開しました! 井上選手は10月7日、横浜アリーナで元WBA同級スーパー王者フアンカルロス・パヤノを迎え、ワールド・ボクシング・スーパー・ …



Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish