WBA アマチュア出身 スーパーチャンピオン

村田諒太ヒストリーFINAL~VSゴロフキン~

投稿日:

ようやくです!!

延期となっていたミドル級統一戦、WBAスーパー王者の村田諒太(帝拳)IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)の試合が4月9日、さいたまスーパーアリーナにセットされた。村田と出場選手が3日、都内で記者会見を開いて発表した。試合の模様はアマゾン・プライム・ビデオで生中継される。

1月で36歳になった村田はこれがWBA王座の2度目の防衛戦。会見では「年末にこういう会見をしたことが遙か昔のことのように思う。試合ができることに感謝して、最高のパフォーマンスを見せたい」とあらためて決意表明した。

 試合が延期となって、村田のモチベーションの低下が心配された。村田は「よく耐えたよねと言われるけど、耐えたという感覚はない。お宝があると言われてバーッと走って、それが幻でまたバーッと走って(の繰り返し)。目標に向かっているからメンタルがダメになることはなかった。ただ、ずっと走り続けてきてバテているのは事実。これ以上延びたらさすがに僕ももたないと思う」と率直な心境を明かした。

とのことですが、わたし個人的にも

めちゃくちゃうれしいです。




村田諒太選手のことはこちらのブログにもよく書いてきました。

元々は京都の国体チームで私の1つ下に村田がいました。
(その時から最強で正直若干怖かったです笑)

そんな村田諒太は高校・大学と日本一になり、オリンピックで金メダルを獲得し、プロに転向し世界チャンピオンになり…
一般的に見れば、順風満帆なボクシング人生ですが、さまざまな困難があったと思います。

そもそも、まずオリンピックに出場する前は、1度ボクシングを引退しております。
たしか、東洋大ボクシング部のコーチとして勤務していたんですよね。
そして、客観的にボクシングを見て「まだやれることがある」といった心情になったという話を聞いたことがあります。

そこで村田諒太第2章がはじまったわけですね。

そして、オリンピックも村田諒太のパワーボクシングで世界のトップになり、プロに転向。
プロでも大きなミスもなく世界チャンピオンに。

しかし、すぐさま王座転落。

そこで学んだのが、スタンス(構え)の重要性。
『4スタンス理論』
村田選手は今までのスタンスを変え、自分にあったスタンスを手に入れます。
(以前は外側後部・改善後はおそらく内側前部)

村田諒太がゴロフキンを倒すワケ

そして、前回敗戦した相手ブラントにKO勝ちをします。
そこからは、あれほどの大差敗戦したのがうそのような戦いっぷりを見せつけ次がWBA2度目の防衛戦。




年齢を気にする人もいますが、村田諒太は正直今が1番強いです。
というか、そもそもゴロフキンが40ですからね。

村田諒太のボクシングヒストリーFINAL

というダサいネーミングになってしまいましたが、私はそんな思いで後輩であり、尊敬するボクサーである村田諒太を応援したいと思います。

◆著者◆
元アマ日本ランカーボクサー・現パーソナルストレッチトレーナー・芸人
山田BODY

公式プロフィール

私のパーソナルジムでストレッチを受けてみたい&ミット打ちをやってみたい方30分体験にご参加ください
体験に興味がある

twitterやってます!!👇
山田BODYtwitter

YOUTUBEチャンネルご登録お願いします♪👇
山田BODYチャンネル

ブログランキング参加中!
最後まで読んでくださりありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村



 

 





-WBA, アマチュア出身, スーパーチャンピオン
-, , , , , , , ,

執筆者:


  1. […] 村田諒太ヒストリーFINAL~VSゴロフキン~ […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

田口チャンピオン、具志堅越え!

WBA・IBF世界Lフライ級統一王者の田口良一選手が5月20日、大田区総合体育館でIBF同級6位ヘッキー・ブドラーと防衛戦を行うことになりました! ブドラーはWBA世界ミニマム級王座を4度防衛した経験 …

井上尚弥VSネリ とうとう実現か!?

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥選手は米興行大手「トップランク」と契約し、4月に米上陸戦が有力視されています。 ひそかに期待されているのが日本ではすっかり有名人、あの神の …

井上尚弥だけじゃない!日本のボクシング界を盛り上げる男、田中恒成!

3階級を制したWBO世界フライ級チャンピオンの田中恒成選手が11日、名古屋市内のジムで練習を公開しました! 田中恒成選手は16日、岐阜県で元WBA世界L・フライ級V7王者の田口良一選手(ワタナベ)と初 …

井上尚弥、リング誌に「はじめの一歩」

WBA・IBF世界バンタム級チャンピオンの井上尚弥選手が1922年に創刊されたアメリカの老舗ボクシング雑誌「リング」の表紙を飾りました!! ※著作権の都合上掲載できませんが検索してみてください。 井上 …

【名選手の強み】下田昭文のカウンターのメカニズムは朝倉未来のそれと同じ

山中大輔選手×下田昭文選手 この試合は私、元ボクサーとしてものすごくインパクトのある試合でした。 インパクトの理由は「恐怖とどう戦うか?」 下田昭文選手が強い選手だということはわかっていましたが、この …

 

Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish