『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』

山田BODY/元アマボク日本ランカー・現ストレッチトレーナー

TV アマチュア出身 持論 日本人世界チャンピオン 海外世界チャンピオン

3年前、粟生の人生を狂わせたベルトラン

投稿日:

 3年前の粟生隆寛選手とのWBOライト級王座決定戦でTKO勝ちするも、体重オーバーと薬物反応で無効試合となったが、その後6連勝4KOで初タイトル獲得となったベルトランと、2009年、日本で小堀祐介選手からWBAライト級王座奪取。V1戦で嶋田雄大選手を下したモーゼスが 米ネバダ州リノのグランド・シエラ・リゾート&カジノで16日挙行されたWBO世界ライト級王座決定戦で拳を交えました!

結果は117-111×2、116-112でベルトランの手が上がりました。

私は正直、粟生選手の試合のことがあるので
ベルトランは大嫌いな選手です。

スポンサードリンク



というか、ボクシングルールそのものに疑問なのですが、
体重オーバーした選手を無効試合という名目で試合に出させる寛大さ必要ですか

体重別で分けられてる競技の「体重」が守れてない選手が無効試合と言えども試合に出れる意味が一切理解できません。

精神的、肉体的にあの試合で粟生選手が勝てるわけがありません。

いま試合を見てもらえばわかりますが、完全に身体負けしてます。

体重オーバーは相手選手の人生をも狂わせます。

陸上の短距離走でフライングした選手が1発失格になるスポーツ界で、なぜボクシングの体重オーバーにはそこまで寛大なのでしょうか?

まったく理解できません。

みなさまはいかがです??

スポンサードリンク



ブログランキング参加中!
応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-TV, アマチュア出身, 持論, 日本人世界チャンピオン, 海外世界チャンピオン
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

井上尚弥VSカシメロはまさにモンスター対決

WBO世界バンタム級王者のジョンリール・カシメロが5日、フィリピンのマニラで記者会見を開きました! あと2ヶ月とちょい! 4月25日(日本時間26日) 米ラスベガスのマンダレイベイ・リゾート&#038 …

ズバリ!ゴロフキンとの対戦を求める選手は?

突然ですが、ゴロフキンとの対戦をしてほしい選手はいますか?   私はやはりチャーロですね。 チャーロは元IBF・S・ウェルター級王者で階級を上げてミドル級に参戦。 4月にウーゴ・センテノを下してWBC …

「神の左」を忘れないことがファンからの恩返し

両国国技館、行ってまいりました。 まず、 粟生隆寛選手おめでとうございます!! そして、 岩佐亮佑選手おめでとうございます!! 粟生選手は少し単発が目立ちましたが、持ち前のカウンターのタイミングはよか …

ヘビー級、「タイソン期」の到来!!

リング誌のPFP(パウンドフォーパウンド)で2位にランクされるテレンス・クロフォードが3階級制覇を狙って王者ジェフ・ホーンに挑むWBO世界ウェルター級タイトルマッチが6月9日、ラスベガスのMGMグラン …

井上尚弥Sバンタム転向でVS亀田和毅もある?!

先日の横浜アリーナでのダブル世界戦。 ものすごい勝利にもかかわらず井上尚弥選手の陰に隠れたのが拳四朗選手。 ま、しゃあないですね。 井上尚弥選手はこれからしばらくは全部もっていくでしょう・・・ さて、 …



Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish