山田BODYがボクシングを語るブログ

山田BODY/元アマボク日本ランカー・ストレッチトレーナー芸人

WBSS アマチュア出身 スーパーチャンピオン ストレッチ 持論 番外編

井上尚弥のパンチはボクシングの歴史、いや筋肉の歴史を変える!

投稿日:2019年3月6日 更新日:

WBSSバンタム級トーナメント準決勝
モンスター井上尚弥選手の試合は
2019年5月18日(日本19日)にイギリス,スコットランドにて

エマニュエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦することが決まっております!!

※日本時間での開催時間は
2019年5月19日午前4時前後から午前8時頃の間で行われるのでは?と言われています。

さて、今回も井上尚弥選手の爆発的なパンチ力を期待している人がほとんどでしょう。

もちろん、わたしもその一人です!!

今回は井上尚弥選手のパンチ力の謎について書いてみたいと思います。

私はプロストレッチトレーナーをしていますので今回は身体の使い方に重点を置いて書きたいと思います。
※ここからは読んでいる方に伝わることをメインで書きますので偉そうな言い方に聞こえるかもしれません!くれぐれもご了承ください!

まず、これを知らないボクサーが多すぎる

パンチ力をつけたい!⇒よーし!筋トレだー!

もちろんこの方法も一理あると思います。



スポンサードリンク

ただ絶対に忘れてはいけないのが柔軟性

私が今思いつくパンチ力がある日本ボクサー
井上尚弥選手・山中慎介さん・村田諒太選手・三浦隆司さん
・・・あ、帝拳ジムの選手ばかりになってしまいました(笑)

この方たちは、もちろん

拳が硬い。

広背筋の付き方が異常。

腓腹筋の発達が凄まじく踏み込みが尋常じゃない。

など・・・それぞれ武器があるのは大前提としまして

共通しているのは

身体が柔らかい



スポンサードリンク

こういった言い回しをしたときに

「いやいや山中と同級生だったけどアイツ身体かてぇーよ!」

といった貴重なご意見をくださる方がいらっしゃるのですが、何も全身の柔軟性のことを言っているのではございません。

パンチを打つ瞬間に使う筋肉の柔軟性のことです。

地面をつま先で蹴り

腓腹筋⇒外側広筋⇒大腿筋膜張筋⇒広背筋⇒肩甲骨・・・

といった具合に筋肉が伸びていくと同時に力が拳へと伝わっていくというわけですね。



スポンサードリンク

この方たちはこれを意識して、もしくは自然にやっておられます。

よければこちらご参考にしてみてください

こういった打ち方をしようとしたときに余計な筋肉は邪魔になる可能性はありますね。

しかし、私は必ずしも筋肉がスポーツにおいて可動域を狭めるとかは思いません。

筋肉は縮もうとする収縮運動が働いてしまいますので普通の人よりは、多めのストレッチが必要になってしまいますが、筋肉すら味方にすれば、
筋肉がパンチの邪魔をするということはないと思います。

元世界チャンピオンの内山高志さんなんて筋肉とパンチの柔軟性を共存させた選手でしたね。

正直な話、日本人はこういった筋肉の使い方が苦手です。黒人選手などとは筋肉の質が違うというのが大きな原因でしょう。



スポンサードリンク

でも、今例に挙げた方々のようにそれをやってのけて、世界で戦えている。
パワー負けしていないどころか、世界からもモンスターと呼ばれるほどの破壊力を持つ井上尚弥選手のようなボクサーが現れています。

これからのボクシング、もはやスポーツ全体において必要となってくるのは『筋肉の使い方』だと確信を持って言えます。

これを読んでくださっているボクサーの方、ボクシング関係者の方、何かスポーツをされている方、もしかすると私の考え方が少しお役にたてるかもしれません。
まったく役に立たないかもしれませんが・・・(笑)

もしよければ見てみてください↓

さて、私のパーソナルジムでミット打ちをやってみたい方30分体験にご参加ください
体験に興味がある

YouTube更新中
「山田BODY」で検索・チャンネル登録よろしくお願いいたします!


肩腰の入ったパンチの打ち方レッスンはこちら⇒【3500円30分体験受けてみる

ブログランキング参加中!
最後まで読んでくださりありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

パーソナルトレーニング



 

 



-WBSS, アマチュア出身, スーパーチャンピオン, ストレッチ, 持論, 番外編
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

岩佐亮佑、山中慎介との熱戦を超える戦いでスーパー王座に!

 IBFスーパー・バンタム級の暫定タイトルを持つ岩佐亮佑(セレス)が4月3日、ウズベキスタンの首都タシケントで同級正規王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)と対戦する。試合には、IBFの真王 …

比嘉大吾も!?アイスクリームを目の前に置いて縄跳びすると痩せる

究極のダイエット方法です。 WBSS準決勝目前、井上尚弥選手への期待一色。 他の選手たちの台頭を待つ日本のボクシング界ですが 元世界フライ級チャンピオン比嘉大吾選手がさんざん減量に苦しんだ末、計量失敗 …

ワイルダーVSフューリーの体重差について考える

デオンテイ・ワイルダー(米)vs.タイソン・フューリー(英)再戦の計量が21日、ラスベガスで行われました。 WBCヘビー級王座の11度目の防衛戦となるワイルダーは231ポンド(104.78キロ)、 挑 …

村田諒太VS井上尚弥、お前一人に目立たせるもんか!いよいよブラント戦

いよいよゴングとなるダブル世界タイトルマッチの計量が11日行われ、メインのWBA世界ミドル級タイトルマッチは、王者のロブ・ブラントは72.2キロ、前王者で挑戦者4位の村田諒太選手は72.3キロでリミッ …

井上尚弥の握力が貧弱なのにパンチが強いワケ

コロナ禍も一時、報道が落ち着き日本ボクシングが始動しはじめました!! 今回は井上尚弥選手の強さの理由について持論を書かせていただきますが、まずは比嘉大吾選手の試合について書きたいと思います。 元WBC …



Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish