山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』

『元プロボクサー・現ボクレッチトレーナー芸人』    松竹芸能山田BODYによる素直なブログ

ニューヒーロー 感想 持論 無敗

亀田三兄弟の従兄弟に注目!のはずが・・・

投稿日:

東日本新人王準決勝が25日、後楽園ホールで行われ、亀田3兄弟の従兄弟として注目を浴びるフェザー級の亀田京之介(協栄)は小出太一(鴻巣茂野)を3回TKOで下し、決勝進出を決めました!

私、恥ずかしながら亀田京之介選手の試合を拝見したことがなかったため東日本新人王1回戦の様子を動画チェック

ボクサーとしての動きに関しましてはまだまだこれからなのでしょうが(正直、身体の使い方・頭の使い方ですべて変わると思っています)

私が注目したのは、セコンドが三垣龍次さん!!
ということ。

三垣さんとは以前、同じジムでボクシングトレーナーをしていたことがあり本当に尊敬する方。

とにかくボクシング愛。

ボクサー愛が凄い。

この方がトレーナーなら亀田京之介選手はこれから本当に楽しみです!!

そして、キャラクターとしてもさすが亀田三兄弟の従兄弟。

イケイケです。

私が観た試合では、僅差の判定結果に観客からヤジが飛んでました。

すると京之介選手はすぐさまその客にこの表情

あん??

そんな愛弟子を止めようと声をかける三垣トレーナー

・・・と思いきや

行け!!

まさかのニヒルな笑みでGOサイン。

これは今後、三垣トレーナーのキャラが勝ちそう・・・

※誇張ゼロです(笑)ぜひチェックしてみてください

決勝は11月3日。
◇ミニマム級
森且貴(大橋)[3-0(40-35×3)]初鹿健吾(八王子中屋)
◇L・フライ級
安藤教祐(KG大和)[2-0(39-38×2、38-38)]梶谷有樹(八王子中屋)
◇フライ級
具志堅広大(竹原&畑山)[2-1(38-37×2、37-38)]石井直輝(ワタナベ)
◇S・フライ級
入稲福敬(ドリーム)[TKO2回42秒]碇瑠偉(厚木ワタナベ)
◇バンタム級
永冨寛治(フラッシュ赤羽)[中止]酒井大成(角海老宝石)=棄権
※永冨が次戦進出
◇S・バンタム級
梅本耕孝(新日本木村)[3-0(39-36×3)]濱口大樹(ワタナベ) 試合後の亀田「1ラウンドで倒せると思ったけど」
◇フェザー級
亀田京之介(協栄)[TKO3回38秒]小出太一(鴻巣茂野)
 スピードのある亀田は距離を取って戦おうとした。初回は頭をつけてグイグイ前に出る小出にジャブ、アッパー、左ボディを打ち込んだが、2回に入るとファイターの小出にロープに押し込まれる展開になった。 しかし亀田は3回、足を使ったアウトボクシングを心掛けるとジャブから右ストレートをヒットして小出をキャンバスへ。立ち上がったところに右アッパーをきれいに決めて2度目のダウンを奪うとノーカウントでストップとなった。 亀田は4勝3KO1敗1分。「本当の決勝は12月(全日本新人王決定戦)。11月は通過点だけど、また練習をして次はもっといい試合を見せたい」。小出は1勝2敗4分。
◇S・フェザー級
佐藤諄幸(厚木ワタナベ)[TKO2回49秒]村田零士(渡嘉敷)
◇ライト級
佐々木尽(八王子中屋)[TKO1回2分36秒]近藤哲哉(横田)
◇S・ライト級
本多航大(川崎新田)[TKO1回2分6秒]星大翔(角海老宝石)
◇ウェルター級
永田勝大(新日本木村)[3-0(38-37、39-37、39-36)]池谷一樹(宮田)
◇ミドル級
舟津純(伴流)[TKO3回2分25秒]歌津智也(宮田)

山田BODY【Twittter
(那須川天心選手との共演動画あり)

【告知】
9/27(金)25時~テレ玉

私のパーソナルジムでミット打ちをやってみたい方30分体験にご参加ください
体験に興味がある

山田BODYパーソナルジムBBBホームページ

ブログランキング参加中!
最後まで読んでくださりありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村



 

 



-ニューヒーロー, 感想, 持論, 無敗
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

村田諒太のツノが刺さるか?ブラントが舞い続けるか?もはや闘牛場

WBA世界ミドル級タイトルマッチで村田諒太選手(帝拳)の挑戦を受ける王者ロブ・ブラント(米)が4日、帝拳ジムで練習を公開しました! 試合2週間前に日本に乗り込んだブラントは 「最高の気分。湿度に慣れる …

和氣慎吾の最優秀選手賞は重みが違う理由

東日本ボクシング協会月間賞選考委員会は9日、7月の月間三賞を発表しました! 最優秀選手賞には・・・ 注目のSバンタム級国内頂上対決を制した和氣慎吾選手が選ばれました!! 2年前、IBF世界スーパーバン …

内藤大助には才能がなかった?

OPBF・S・ライト級王座決定戦は、同級2位の内藤律樹が同級1位ジェフリー・アリエンザに9回1分14秒TKO勝ちし、新チャンピオンになると同時に日本S・フェザー級に続くタイトルを獲得しました! いやぁ …

田口世界戦に見えたボクシング界の危機

20日、WBA&IBF世界L・フライ級タイトルマッチが行われ、統一チャンピオンの田口良一選手はIBF同級6位ヘッキー・ブドラーに0-3判定負けとなりました。 これによりWBAは8度目、IBFは …

あの虐待を乗り越え、勅使河原が「努力と根性」で2度目の防衛!

OPBF・S・バンタム級タイトルマッチが8日、後楽園ホール「ダイヤモンドグローブ」のメインで行われ、 王者の勅使河原弘晶(輪島功一S)が元日本バンタム級王者の大森将平(ウォズ)に12回2分36秒TKO …



Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish