感想 持論

武居由樹は大橋ジム期待以上の買い物?

投稿日:

大橋ジムがアツい!!

まぁ、さんざん言われていることですしいまさら感もあるかもしれませんが興奮した状態で書きますので少々の乱文はお許しください(笑)

「第76回フェニックスバトル」が11日、後楽園ホールで開催され、メインの65.2キロ契約8回戦は、IBF・S・ライト級12位の平岡アンディ(大橋)が日本同級15位の木村文祐(JM・加古川)に3回2分15秒TKO勝ち。デビューからの連勝を17(12KO)に伸ばした。

また、セミで元K-1王者の武居由樹(大橋)がボクシングデビュー戦に臨み、高井一憲(中日)に初回1分43秒TKO勝ちで初陣を飾った。

というボクシングファンはもちろんご存じのニュースです

まずは

平岡アンディ選手は17連勝!!

この選手はもう世界チャンピオンに向けて相手選びもこれから難しくなっていくでしょうね。
日本人がなかなか出せない柔軟な角度からのパンチ・ディフェンス・ステップと、「今まで読んできた拳闘教科書は何だったんだ?」
と思ってしまうようなボクシングが魅力的ですよね。

ちなみにこちらは昨日の入場シーンがSNSに上げられていました




やはり同ジムに世界最強の井上尚弥がいるのは心強いですよね!!

そして、つづいてはこの人

K-1からの刺客、武尊お墨付き武居由樹選手

平岡アンディ選手のことを書かせていただいている際に日本人がなかなか出せない的なことを書きましたが、この武居選手はその角度のパンチが出せるんですよね!!

あれほど四方八方からパンチが出てきたら、そりゃ対応できない。さらにスピードとタイミングがいい!そしてそれができる理由。
それが「距離」です。

完全に自分の距離で戦い、試合を支配していました。

こうなると、相手はもはやパンチを「打たされている」状態。

この「距離」が世界のトップボクサーになるための絶対条件なのですが、この距離の探り合いがおこるとパンチは出していないけど、オーラをお互いが出し合っているような状況が起こることがあります。
そういった試合って玄人好み過ぎて観客としては全然面白くないんですよね(あるある笑)

ただ、昨日の相手くらいの選手であれば完全に試合を支配して戦うことができます。

この調子で一瞬で日本チャンピオンくらいにはなるでしょうね!

今から武居選手の世界戦が楽しみです!

もちろん平岡アンディ選手も!!

にしても・・・

両者、仕上がりが違いすぎやしませんか?(笑)

◆著者◆
元アマ日本ランカーボクサー・現パーソナルストレッチトレーナー・芸人
山田BODY

公式プロフィール

私のパーソナルジムでストレッチを受けてみたい&ミット打ちをやってみたい方30分体験にご参加ください
体験に興味がある

twitterやってます!!👇
山田BODYtwitter

Instagramやってます!!👇
山田BODYInstagram

YOUTUBEチャンネル「Stretchube」ご登録お願いします♪👇
山田BODYチャンネル

ブログランキング参加中!
最後まで読んでくださりありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村



 

 





-感想, 持論
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

YOUTUBEで京口VS久田を見た視聴者を見て思ふ

WBA世界L・フライ級タイトルマッチが1日、エディオンアリーナ大阪で行われ、スーパー王者の京口紘人(ワタナベ)が挑戦者1位の久田哲也(ハラダ)を3-0判定で下し、2度目の防衛に成功しました!! スコア …

八重樫東最終章、同門の後輩モンスター井上尚弥の影に隠れるか?それとも・・・

元3階級制覇王者の八重樫東選手が4月8日、後楽園ホール「フェニックスバトル67」でノンタイトル10回戦を行うことになりました!! 対戦相手は未定 35歳の八重樫選手はこれまでにWBAミニマム級、WBC …

祝!井上尚弥WBSS決勝は日本開催に決定!

プロボクシングのWBA、IBF世界バンタム級王者の井上尚弥選手の次戦となるワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)同級決勝が、さいたまスーパーアリーナで11月7日に行われることが今月8日、W …

あの虐待を乗り越え、勅使河原が「努力と根性」で2度目の防衛!

OPBF・S・バンタム級タイトルマッチが8日、後楽園ホール「ダイヤモンドグローブ」のメインで行われ、 王者の勅使河原弘晶(輪島功一S)が元日本バンタム級王者の大森将平(ウォズ)に12回2分36秒TKO …

【悲報】ゴールデンボーイ ホルヘ・リナレスがまさかの・・・

日本時間19日、WBCインターナショナル・シルバー・S・ライト級王座戦で、3階級制覇王者ホルヘ・リナレスが王者パブロ・セサール・カノに1回2分48秒TKO負けを喫しました。 試合開始直後で最初のダウン …

 

Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish