山田BODYがボクシングを語るブログ

山田BODY/元アマボク日本ランカー・ストレッチトレーナー芸人

アマチュア出身 再戦 日本人世界チャンピオン 海外世界チャンピオン

山中慎介、ネリに勝って井上尚弥と!!

投稿日:

さぁ!近づいてきましたね!
3/1山中慎介選手VSネリの再戦!




スポンサードリンク

ネリは仕上げてきているのでしょうか?
あーソワソワします。

ま、この再戦になった経緯は皆さんご存知と思いますが、ネリのドーピング問題です。
山中慎介選手に勝利し、WBC世界バンタム級チャンピオンになった後に筋肉増強剤の陽性反応があったというもの・・・

そもそもこの筋肉増強剤って何?

代表的なのはアナボリックステロイド・・・合成ステロイドの一つで,蛋白質の同化 (吸収) をよくする働きをもつ。男性ホルモンには男性化作用のほかに蛋白同化作用があるが,この両作用を分離して,男性化作用を弱め,同化作用を強めたもの。その製品は筋肉をふやす効果があり,脂肪や水分はふやさない。早産児の発育促進,栄養障害の改善,創傷の治癒促進などに用いられる。 IOC医事委員会が発表したドーピング指定薬物のなかに,アナボリックステロイド系薬物として,スタノゾロールなど 16品目が含まれている。

だそうです・・・

正直、わかりづらいですね(笑)

具体例を挙げると、私の知り合いで海外のあるサッカーチームでプレーしていた人間がいるのですが、その国では試合前のドーピングが当たり前で、もちろんその男もやっていたそうです。
具体的な変化としては
「普段ベンチプレス80キロしか上げれなかったのがドーピングすると120キロ上げることができた」
そうです。

これが本当だとしたら、山中選手はあの日人間ではなく猛獣と戦っていたとも考えられますね。

「山中慎介選手初の敗戦」
「ドーピング問題」
「防衛記録が途絶えた無念さ」

どうかさまざまな怒りを拳に込めて戦っていただきたいです!!



スポンサードリンク

ブログランキング参加中!
応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-アマチュア出身, 再戦, 日本人世界チャンピオン, 海外世界チャンピオン
-, , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

泣き虫粟生再び!!

元世界2階級制覇王者の粟生隆寛選手が3月1日、両国国技館で行われるダブル世界タイトルマッチの前座で、2年10ヵ月のブランクを経て復帰戦を行うことになりました!! 粟生選手は12年10月にWBC世界S・ …

拳四朗、勝ち続けた先に知名度がある

WBC世界Lフライ級チャンピオンの拳四朗選手が28日、都内で記者会見を開き、10月7日の横浜アリーナで元IBF同級王者ミラン・メリンドを迎えて4度目の防衛戦に臨むと発表しました!! メインではWBA世 …

比嘉連続KO並んだ!浜田剛史の本音は?

4日に行われたWBC世界フライ級タイトルマッチは王者の比嘉大吾が元2階級制覇王者で挑戦者9位モイセス・フエンテスに1回2分32秒KO勝ちをし、2度目の防衛に成功するとともに、15連続KO勝利の日本タイ …

村田諒太の同期が八重樫と決戦

8月17日後楽園ホールで元3階級世界王者の八重樫東選手とのノンタイトル10回戦が決まったのは、前WBOアジアパシフィックS・フライ級王者の向井寛史選手!! 向井選手は村田諒太選手と同じ高校の同期。 私 …

「井上尚弥の弟」ではなくなる夜を見逃すな!

 11月7日さいたまスーパーアリーナでダブル世界タイトルマッチを行うWBA・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥選手とWBCバンタム級暫定の井上拓真選手の兄弟が6日、横浜市内のジムで練習を公開しました! …



Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish