WBA WBO リスペクトボクサー 帝拳ジム 日本人世界チャンピオン 海外世界チャンピオン 防衛戦

頂上決戦リナレス×ロマチェンコ戦を振り返る

投稿日:

さてあらためて
リナレス×ロマチェンコ

名もなきトレーナー目線でお話させていただきますと・・・

お互いがあのレベルまで行くと
どちらが常に主導権を握っていたか?という
格闘技としての根本的な理由で、試合全体を通してロマチェンコがリードする結果になっていましたね

途中実況の方が
「おーっとロマチェンコ、リナレスの足を踏んでいるー!」
と叫んでいました。

たしかに意図的に相手の足を踏むのは反則なのですが、私の現役時代からの持論では

「足を踏まれる選手は負ける」
です。

例えば、オーソドックスVSサウスポーの試合で、あえてセオリーではない
「外足を取らせた戦い方」
をするというパターンはあるのですが、その場合もあえて外足を取らせているのであって、常に主導権を握っているのは自分でなければいけません。

つまり、足を踏まれている場合ではない。

なぜああなったかというと、全ての動きが1テンポロマチェンコの方が先だったからですね。



スポンサードリンク

ただ私は、もう一度お2人が試合をしたら
「リナレスが勝つのでは?」
と思ってます。

その理由はリナレスがロマチェンコからダウンを奪ったときの右ストレートが絶妙だったからです。

あれは、良く言えば
「来るのを予想していた」
悪く言えば
「偶然」

次戦がもしあれば、一か八かにならないためにも
もっと思い切って、あえて外足を取らせてリナレスの距離で戦います。

そして、ロマチェンコが来るであろうタイミングで右を出す。

しかも、右で倒しに行きすぎず、右のダブルや右のトリプルを使い、右を出し惜しみしない。

そうすれば、あそこまでロマチェンコにペースを取られないのではないかと思います。

たしかにいい試合でしたが、終始ロマチェンコが勝つために用意された土俵にリナレスが乗ってしまっていた感があります。

ロマチェンコはパンチスピード、パンチ力はもちろんありますが、最も素晴らしい能力は
「自分の土俵に持ち込む」

というところです。

自分のボクシングができなかったリナレスは相当悔しいでしょうね・・・

どうかリベンジマッチを!!

ブログランキング参加中!
応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



-WBA, WBO, リスペクトボクサー, 帝拳ジム, 日本人世界チャンピオン, 海外世界チャンピオン, 防衛戦
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

村田諒太超えに燃える日本の男たち

あす9日後楽園ホール「ゴールデン・チャイルド・ボクシング」のメインでおこなわれるOPBFミドル級王座決定戦の計量が8日行われ、同級3位の細川チャーリー忍選手が72.1キロ、同9位の太尊康輝選手がリミッ …

ヘビー級3団体チャンピオン、ジョシュア「ワイルダー俺とやろうぜ!」

イギリスのウエールズ・カーディフのプリンシパリティ・スタジアムで4月1日に行われたゴングヘビー級統一戦は、IBF &WBAスーパー王者のアンソニー・ジョシュアがWBO王者ジョセフ・パーカーに …

村田と比嘉、プロとセミプロ

比嘉大吾選手が県民栄誉賞を辞退です。 まだ22歳、そこまで気にすることではないです。 ただ、日本のボクシングファンの比嘉選手を擁護しすぎな空気も少し気持ち悪いなと思います。 ネリの時とは状況が全く違え …

「神の左」を忘れないことがファンからの恩返し

両国国技館、行ってまいりました。 まず、 粟生隆寛選手おめでとうございます!! そして、 岩佐亮佑選手おめでとうございます!! 粟生選手は少し単発が目立ちましたが、持ち前のカウンターのタイミングはよか …

WBSS、本命が日本人井上尚弥だということの凄さ

賞金トーナメント&王座統一戦WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)のバンタム級に元同級WBAスーパー王者サウスポーのテクニシャン、フアン・カルロス・パヤノが参加を表明しました! …

 

Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish