『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』

山田BODY/元アマボク日本ランカー・現ストレッチトレーナー

WBC アマチュア出身 スーパーチャンピオン リスペクトボクサー 帝拳ジム 引退 持論

山中慎介さんにアノ質問してきました

投稿日:

WBC世界ミニマム級タイトルマッチが29日タイで行われ、王者のワンヘン・ミナヨーティンが挑戦者14位ペドロ・タドゥランに3-0判定勝ちしました!
防衛を10に伸ばすと同時にデビューからなんと51連勝(18KO)!!

フロイド・メイウェザーの持つ50勝(27KO)無敗の記録を更新しました!!

勝ち続けることの凄さ

格闘技をやった経験のある方ならわかるでしょうが、『噛み合わせ』ってあるんですよね。

シンプルにサウスポーが苦手だったり、オーソドックスが苦手だったり、長身が苦手。インファイターが苦手。アウトボクサーが苦手・・・

と言った噛み合わせ。

以前ロマチェンコの凄さを書いたことがあるのですが

頂上決戦リナレス×ロマチェンコ戦を振り返る

ロマチェンコの凄さは
「どんな相手でも自分の土俵に持ってくることができる」
ことだと思います。

自分の強さはもちろん、この『技術』があるから相手は自分のボクシングをさせてもらえないまま、試合が終わってしまうんです。

ロマチェンコに敗北したホルヘ・リナレスにとっても歯がゆい試合でしたね。

日本人選手で、自分の土俵に持ってくることができる選手は現在では井上尚弥選手は間違いないですね。

これはもう説明不要でしょう。
距離・パンチ・スピード・ディフェンス…
どれを取っても抜け目が見つからないです。

そして!!
引退してしまいましたが、世界戦防衛日本記録を持つ私の大好きな元WBC世界バンタム級チャンピオン山中慎介さん

この方の全盛期は、世界トップレベルの選手が弱く見えるくらいゴロンゴロンとリング上を転がってましたね(笑)



スポンサードリンク

最後の試合は、あまりに辛い終わり方でしたが・・・

私以前、こちらに書きましたが

山中慎介よ、全盛期の長谷川穂積になれ!

どうしてもネリとの2戦目で山中慎介さんが「ガードを上げてネリに打ち疲れをさせる」という高校時代から見ても一度もやったことないような戦い方をなぜしてしまったのか?
1戦目の戦い方が正直私は間違えてなかったと思ったので、あの2戦目の戦略を取った時点でネリの体重オーバーは関係なく敗北が決まっていた気すらしていたので、先日思い切ってご本人に聞いてみました。

「なんでネリとの2戦目あんな戦い方をしたんですか?」

すると、山中さんの返答は

「まぁ、いろいろあんねん、、、」

・・・たしかに、そうですよね。
帝拳ジムの会長、トレーナー、関係者、いろんなプロが集まったチーム。
いわばチーム「山中慎介」ですからね。

1戦目でのタオル問題や、この件はご本人が1番辛い部分なのに、出すぎた質問をしてしまったことをすぐさま深く反省しました・・・

リング上では1人ですが、ボクシングはもはやチーム戦。
勝ち続ける選手はいいチームに属しているということが言えますね!

帝拳ジムは第二の山中慎介、いやそれを超えるくらいの選手を育ててほしいです!!

あ、ボクシングファンの皆さん!
山中さんめちゃくちゃ元気でしたよ!!

                                                               山田BODY

【8/29更新しました!!】
素人がたった30分で変わる!!
目指せWBSS井上尚弥選手のパンチ!!~右アッパー編~

動画はコチラ

余談ですが・・・
私、パーソナルトレーニングジムを立ち上げましたので良ければご覧ください
Beauty Boxing Bodycare

ブログランキング参加中!
最後まで読んでくださりありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

パーソナルトレーニング

順番ダイエットブログ

スポンサードリンク





 

 

 

-WBC, アマチュア出身, スーパーチャンピオン, リスペクトボクサー, 帝拳ジム, 引退, 持論
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミドル級スピードボクシングを村田諒太がパワーでねじ伏せる?!

世界ミドル級戦線に名乗り出るのはどちら!? 29日ジェイコブス×スレッキの試合が行われました!! この試合はWBAミドル級スーパー王者ゲンナジー・ゴロフキンへの挑戦者決定戦。 WBAミドル級は村田諒太 …

ゴロフキン、スターならではの発言

WBAスーパー・WBC・IBFトリプル王者ゲンナジー・ゴロフキンとメキシコのスーパースター、サウル・カネロ・アルバレスの直接リマッチが5月5日に行われることが正式に決まりました! 前回、この両者の対戦 …

ズバリ!ゴロフキンとの対戦を求める選手は?

突然ですが、ゴロフキンとの対戦をしてほしい選手はいますか?   私はやはりチャーロですね。 チャーロは元IBF・S・ウェルター級王者で階級を上げてミドル級に参戦。 4月にウーゴ・センテノを下してWBC …

伊藤雅雪まさかの試合直前大ケガ

前WBO世界S・フェザー級チャンピオンの伊藤雅雪選手 が2月2日、出場を予定していた中国・海口で行われるトップランク興行を欠場することになりました。 伊藤選手は2月2日、 中国の無敗ホープ楊永強とWB …

無敗岡田が粟生の敵討ち!

WBO・Sライト級2位の岡田博喜選手が2月10日、アメリカで元WBO世界ライト級王者レイムンド・ベルトランと対戦することが発表されました!! デビューから無敗の岡田選手(19勝13KO)は昨年トップラ …



Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish