IBF WBA 元世界チャンピオン 再戦 日本人世界チャンピオン 減量

田口良一現役続行でリベンジに燃える!!

投稿日:

WBA王座を7度防衛し、IBF王座も吸収した田口良一選手は5月、ブドラーに判定負けしたあと引退を決意。
かつてのジムの先輩内山高志氏にも引退を伝えていたそうです。

しかし・・・

「(心身ともにコンディションを作れず)不完全燃焼の試合だった。あの試合で終わっていいのか、と考えるようになった」

と、現役続行を決意!!

 

ブドラーとの再戦について渡辺均会長は

「できると思う。これから交渉していく」

と説明。

減量苦からフライ級進出も視野に入れており、ブドラーにリベンジしてフライ級進出、というのが理想のプランのようです!!



スポンサードリンク

よかった!!

田口選手はまだ発展途中の選手だったので本当にうれしいです。

ただ、別にブドラーとの再戦にこだわる必要はないかと思います。

ご本人としてはリベンジが現役続行の目的かもしれません。

でも、無理な減量をしてまでも、今の階級で戦う必要はまったくないと思います。
ちょっと復帰戦のリスクが大きいです。

そこにこだわるより、復帰速攻フライ級で木村翔選手田中恒成選手らと共にフライ級を盛り上げるのも良いかと思います。

読んでくださってる皆様はいかがです??

-山田BODY-

私、パーソナルトレーニングジムを立ち上げましたので良ければご覧ください
Beauty Boxing Bodycare

ブログランキング参加中!
最後まで読んでくださりありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

パーソナルトレーニング

順番ダイエットブログ

スポンサードリンク





 

 

-IBF, WBA, 元世界チャンピオン, 再戦, 日本人世界チャンピオン, 減量
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

井上尚弥と京口紘人の共通点

WBCタイトルマッチが24日、大阪で王者の寺地拳四朗(BMB)と久田哲也(ハラダ)の間で行われるが、こちらには「興味がない」と素っ気なかった。新型コロナウイルスの感染が再び増えている状況にあることもあ …

比嘉連続KO並んだ!浜田剛史の本音は?

4日に行われたWBC世界フライ級タイトルマッチは王者の比嘉大吾が元2階級制覇王者で挑戦者9位モイセス・フエンテスに1回2分32秒KO勝ちをし、2度目の防衛に成功するとともに、15連続KO勝利の日本タイ …

京口選手にたいしてあの2R、どうするべきだったか

WBA世界L・フライ級王座2度目の防衛に成功した同級スーパー王者の京口紘人選手が2日、大阪市内で会見を行いました!! 久田哲也選手との激闘から一夜明け、さらに腫れた左目にたいして 「ダメージをためるの …

ドーピングでベルトはく奪・・・ネリは良くて尾川はダメなのね

米ネバダ州コミッションが18日、昨年12月9日にラスベガスでIBF世界S・フェザー級王座を獲得し、ドーピング検査で違反薬物が検出された尾川堅一に対し、6ヵ月の出場停止処分を下しました。 そして王座決定 …

岩佐頼んだ、山中慎介を超えるようなチャンピオンになってくれ!!

16日ロサンゼルスで行われたIBF・Sバンタム級挑戦者決定戦は3位岩佐亮佑選手が5位セサール・ファレスに10回終了負傷判定勝ちしました!! よって、現王者TJ・ドヘニーへの挑戦権を獲得しました! 初回 …



 

Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish