『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』

山田BODY/元アマボク日本ランカー・現ストレッチトレーナー

持論 日本人世界チャンピオン 未分類 減量 無敗 防衛戦

まず最初の敵は減量!ミニマム級とは思えない体格を持つチャンピオン京口紘人

投稿日:

5月20日のダブル世界戦に出場するIBF世界ミニマム級チャンピオン京口紘人選手の対戦相手が23日に発表されました!

京口選手に挑戦するのはビンス・パラス

13戦全勝11KO、19歳の右ボクサーファイターです!

京口選手はこの無敗対決、どう戦うか!?



スポンサードリンク

の個人的意見ですが、結構この「無敗」相手の緊張感というのは観客には伝わらない相当重いものだと思います。

選手は試合前に、何度も過去の試合映像を観てイメトレをしますが、相手が負けてる映像が1つもないわけです。

倒してる画が浮かばない・・・

これは厄介です。

アスリートって脳で考え出した頃から弱くなっていったりしますよね。

若い頃は
「勝てるに決まってる」
だったのが徐々に歳を重ね、経験値が増して行き
「勝てるよな?」
「もし負けたら・・・」
といろんな悪い画が浮かんでくるようになってきますよね。

しかも今回の無敗対決の相手はノリに乗ってる19歳。

「勝てるに決まってる」度合いは相手の方が上かもしれません。

となると、チャンピオンとしてまずは、「負けないボクシング」

京口選手は好まないかも知れませんが序盤は是非とも、パンチをもらわないボクシングを徹底してもらいたいなと私は思います。

その前に・・・
まずは体重をしっかりリミットに!
どう考えてもミニマム級とは思えない体格です

あと、比嘉大吾選手と仲いいみたいですし・・・(笑)

ブログランキング参加中!
応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



-持論, 日本人世界チャンピオン, 未分類, 減量, 無敗, 防衛戦
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

井上尚弥、リング誌に「はじめの一歩」

WBA・IBF世界バンタム級チャンピオンの井上尚弥選手が1922年に創刊されたアメリカの老舗ボクシング雑誌「リング」の表紙を飾りました!! ※著作権の都合上掲載できませんが検索してみてください。 井上 …

ミニマム級頂上決戦!!山中竜也VS京口紘人

18日、WBA世界L・フライ級戦とのダブル世界戦として行われたメインのWBOミニマム級戦は、王者山中竜也が4位挑戦者モイセス・カジェロスに8回終了TKO勝ちしました! これが伝説の幕開けになるのでしょ …

那須川天心VSメイウェザーに興奮しないワケ

元パウンド・フォー・パウンド・キング、フロイド・メイウェザーが格闘技イベントRIZINに出場し、キックボクシング那須川天心選手と異種格闘技戦を行うと発表しました!! 記者会見でメイウェザーは 「私のス …

村田と比嘉、プロとセミプロ

比嘉大吾選手が県民栄誉賞を辞退です。 まだ22歳、そこまで気にすることではないです。 ただ、日本のボクシングファンの比嘉選手を擁護しすぎな空気も少し気持ち悪いなと思います。 ネリの時とは状況が全く違え …

パウンドフォーパウンド1位堤駿斗!!

アマチュアの一般社団法人日本ボクシング連盟が年間優秀選手を決定しました。 そして、2017年の最優秀選手賞には高校生の堤駿斗選手(千葉・習志野高)が選ばれました!昨年高校生として初めてMVPを受賞した …



Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish