『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』

山田BODY/元アマボク日本ランカー・現ストレッチトレーナー

WBA 世界戦 持論 日本人世界チャンピオン 海外世界チャンピオン 防衛戦

田口世界戦に見えたボクシング界の危機

投稿日:2018年5月22日 更新日:

20日、WBA&IBF世界L・フライ級タイトルマッチが行われ、統一チャンピオンの田口良一選手はIBF同級6位ヘッキー・ブドラーに0-3判定負けとなりました。

これによりWBAは8度目、IBFは初防衛に失敗しました。

スコアは3ジャッジが全て114-113と、ある意味納得の結果に・・・

しかし、最終ラウンドのスリップ判定には納得いきませんね。



スポンサードリンク

「結果ダウンになったから良かった」
という気持ちには当然ならず、かと言って
「あの瞬間もしダウン判定になっていたら田口選手の勢いが増して・・・」
とかそういうことではなく、

アノどう見てもダウンのパンチをスリップ判定してしまうレフェリーが12R仕切ってたと思うとゾッとしますね。

ボクシングは死ぬ事もあるスポーツ。

ある意味、選手はレフェリーに命を預けてます。

最近のボクシング界、本当に気を引き締めないと危ない。

ブログランキング参加中!
応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ストレッチ健康ブログ

順番ダイエットブログ

スポンサードリンク



 

-WBA, 世界戦, 持論, 日本人世界チャンピオン, 海外世界チャンピオン, 防衛戦
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界チャンピオン岩佐亮佑・元世界チャンピオン山中慎介、それぞれの7年間

いよいよ本日後楽園ホールで行われるIBF世界Sバンタム級タイトルマッチの記者会見と計量が15日、行われ王者の岩佐亮佑選手が55.2キロ、指名挑戦者のTJ・ドヘニーがリミットの55.3キロで通過しました …

村田諒太VSカネロ・アルバレス実現へ!!

サウル“カネロ”アルバレスがゲンナジー・ゴロフキンを下した一戦。 WBA世界チャンピオン村田諒太選手は 「いい試合だった。第1戦よりも面白かった」 「僕の採点は115-113でゴロフキンだったけど、ク …

帝拳の世界チャンプ候補、末吉大

第39回チャンピオンカーニバルの発表会が行われました! 私の注目は贔屓にしております帝拳ジムのSフェザー級日本チャンピオン末吉大選手です。 戦績は唯一の敗戦の相手がOPBFフェザー級チャンピオン伊藤雅 …

おかえり尾川堅一!!

昨年12月のIBF世界S・フェザー級決定戦後にドーピング違反が発覚し、1年間のライセンス停止処分となった尾川堅一選手の停止期間が10日に終了したと日本ボクシングコミッションが発表しました!! ドーピン …

幻の世界チャンピオン尾川堅一のその後

6日後楽園ホールで行われる 「第586回ダイナミックグローブ」 の計量が5日、日本ボクシングコミッションで行われ、メインのS・フェザー級10回戦に出場するIBF同級4位の尾川堅一選手(帝拳)は58.7 …



Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish