山田BODYがボクシングを語るブログ

山田BODY/元アマボク日本ランカー・ストレッチトレーナー芸人

WBA 世界戦 持論 日本人世界チャンピオン 海外世界チャンピオン 防衛戦

田口世界戦に見えたボクシング界の危機

投稿日:2018年5月22日 更新日:

20日、WBA&IBF世界L・フライ級タイトルマッチが行われ、統一チャンピオンの田口良一選手はIBF同級6位ヘッキー・ブドラーに0-3判定負けとなりました。

これによりWBAは8度目、IBFは初防衛に失敗しました。

スコアは3ジャッジが全て114-113と、ある意味納得の結果に・・・

しかし、最終ラウンドのスリップ判定には納得いきませんね。



スポンサードリンク

「結果ダウンになったから良かった」
という気持ちには当然ならず、かと言って
「あの瞬間もしダウン判定になっていたら田口選手の勢いが増して・・・」
とかそういうことではなく、

アノどう見てもダウンのパンチをスリップ判定してしまうレフェリーが12R仕切ってたと思うとゾッとしますね。

ボクシングは死ぬ事もあるスポーツ。

ある意味、選手はレフェリーに命を預けてます。

最近のボクシング界、本当に気を引き締めないと危ない。

ブログランキング参加中!
応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ストレッチ健康ブログ

順番ダイエットブログ

スポンサードリンク



 

-WBA, 世界戦, 持論, 日本人世界チャンピオン, 海外世界チャンピオン, 防衛戦
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

頭脳派ボクサー村田諒太が根性でゴロフキン撃破!

WBA世界ミドル級チャンピオン村田諒太選手は今年5月にブランダムラに判定勝ちしV1を果たした後は、ジムワークを再開後も連日のように支援者らの会食の招待を受け忙しい日々を送っていたそうで、今回のキャンプ …

井上尚弥、リング誌に「はじめの一歩」

WBA・IBF世界バンタム級チャンピオンの井上尚弥選手が1922年に創刊されたアメリカの老舗ボクシング雑誌「リング」の表紙を飾りました!! ※著作権の都合上掲載できませんが検索してみてください。 井上 …

井上尚弥は宝なのだから・・・

ヨアン・ボワイヨ 井上尚弥選手と30日に戦う選手ですが、対戦が決まった経緯は大橋会長とのfacebookでのやりとりから。 そしてボクシングの魅力は「旅ができること」 と答えているそう・・・ ぜひとも …

井上尚弥がシンプルに「凄すぎる」ワケ

「井上尚弥は強い!」「井上尚弥はモンスターだ!」 と世間では今までボクシングに全く興味がなかった層からも他のボクサーを寄せ付けない圧倒的人気です。 さらに先日はボクシングの聖地ラスベガスでの華々しいK …

ヘビー級、「タイソン期」の到来!!

リング誌のPFP(パウンドフォーパウンド)で2位にランクされるテレンス・クロフォードが3階級制覇を狙って王者ジェフ・ホーンに挑むWBO世界ウェルター級タイトルマッチが6月9日、ラスベガスのMGMグラン …



Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish