山田BODY『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』

『元プロボクサー・トレーナー芸人』山田BODYによるブログ

WBC アマチュア出身 スーパーチャンピオン ニューヒーロー 持論 日本人世界チャンピオン 無敗

井上尚弥に続け!山中慎介トーナメントで中嶋が1RKOを魅せるか!?

投稿日:

元WBC世界バンタム級V12王者の山中慎介さんがアンバサダーを務める
「山中慎介presents GOD’S LEFT バンタム級トーナメント」

決勝の前日計量が日本ボクシングコミッションで行われ、日本バンタム級6位の中嶋一輝(大橋)がリミットの53.5キロ、
日本S・フライ級18位の堤聖也(角海老宝石)が53.4キロであすの試合に進むとのことです!!

中嶋選手は芦屋大出身でデビューから8連勝(7KO)
※トーナメント1、2回戦を連続初回KO勝ち

井上尚弥選手の同門(大橋ジム)





スポンサードリンク
山田BODYパーソナルジムBBBホームページ

山田BODY時事ブログ『せかいのためにできること』

対する平成国際大出身の堤選手は中嶋選手とは対照的に初戦がシード

2戦目は対戦相手が棄権で、トーナメント初戦がいきなり決勝戦となりました!

中嶋選手のようなサウスポーについて

「正直言って嫌いです。」と

警戒。

しかし、こちらもデビューから5連勝(4KO)をマークしており、無敗対決を前に気合十分。

中嶋選手の自信っぷりが際立っていますが、やはり同門井上尚弥選手の存在は大きいんですかね。

例えば元世界チャンピオン下田昭文くん(帝拳)はきょうのTwitterに粟生くんが自らが経営するジムに遊びに来てくれたのとを書き、

「彼がいたおかげでがんばれた」

下田昭文Twitter⓵ Twitter⓶

と書いていました。

刺激って大きいですよね。

ビジネスで言うと、よく一緒にいる5人を挙げてその5人の年収を足して、5で割った数字があなたの年収になる

っていう話をよく聴きますもんね。





スポンサードリンク
山田BODYパーソナルジムBBBホームページ

山田BODY時事ブログ『せかいのためにできること』

これぞウィンウィンの関係性ですよね。

彼のおかげだから自分も恩返しをする。
レベルを上げる

といった関係性。

ここは中嶋選手、大袈裟ではなく大橋ジムを背負うつもりで臨んでいただきたい!

そして堤選手も長身サウスポーをどう攻略するつもりか?

見ものです!!


👆こちらは「はじめてのおつかい」ご出演時の1シーン(笑)

著者
ボクレッチ(ボクシング&ストレッチ)トレーナー・芸人
山田BODY

私のパーソナルジムでミット打ちをやってみたい方30分体験にご参加ください
体験に興味がある

twitterやってます!!👇
山田BODYtwitter

YOUTUBE始めました!!登録お願いします♪👇
山田BODYチャンネル

ブログランキング参加中!
最後まで読んでくださりありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村



 

 




  • LINE
  • -WBC, アマチュア出身, スーパーチャンピオン, ニューヒーロー, 持論, 日本人世界チャンピオン, 無敗
    -, , , , , , , , , , , , , ,

    執筆者:


    comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    関連記事

    田中恒成を観て山中慎介を思ひ出す『ボクシングは人生』

    ジョナサン・ゴンサレスを7回TKOに下しWBOフライ級王座2度目の防衛をとげたチャンピオン田中恒成選手が名古屋市内のCBCテレビでメディアの質問に答えました! KO勝ちとなった7ラウンドについて 「動 …

    ワイルダーVSフューリーの体重差について考える

    デオンテイ・ワイルダー(米)vs.タイソン・フューリー(英)再戦の計量が21日、ラスベガスで行われました。 WBCヘビー級王座の11度目の防衛戦となるワイルダーは231ポンド(104.78キロ)、 挑 …

    田中恒成ナゴヤで3階級制覇へ

    名古屋市で24日ゴングとなる注目の日本人対決、WBO世界フライ級タイトルマッチの予備検診が22日、行われ、チャンピオンの木村翔選手と指名挑戦者の田中恒成選手が顔をそろえました!    木村    田中 …

    7年前のライバル、山中と岩佐が手を組む!

     3月1日の両国国技館でIBF世界S・バンタム級王座の初防衛戦に臨む岩佐亮佑が21日、練習を公開。挑戦者エルネスト・サウロン戦に向けて好調をアピールしました! この日はダブルタイトルマッチ!! 岩佐選 …

    村田諒太よ、今こそもう一度山根明と組め!

    WBA世界ミドル級チャンピオン村田諒太選手は同階級の『絶対王者』ゴロフキンとの来たるべき対戦を目指しトレーニングをさぞかし追い込んでいたことでしょう。 しかし、ゴロフキンは15日に行われたサウル“カネ …



    Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish