『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』

山田BODY/元アマボク日本ランカー・現ストレッチトレーナー

OPBFチャンピオン WBA WBC アマチュア出身 元世界チャンピオン 持論 日本人世界チャンピオン

村田諒太の同期が八重樫と決戦

投稿日:

8月17日後楽園ホールで元3階級世界王者の八重樫東選手とのノンタイトル10回戦が決まったのは、前WBOアジアパシフィックS・フライ級王者の向井寛史選手!!

向井選手は村田諒太選手と同じ高校の同期。

私も実はこのお二人と、京都代表のチームメイトでした。

ものすごい選手と、一緒に練習できていたんだなぁ・・・
と今になって感激してます。

南京都高校の武元先生のやっていた練習法は本当に間違えてなかったんだなぁー
とあらためて感じます。

山中慎介選手を育てたのも武元先生ですからねー



スポンサードリンク

そして、この向井選手。

ご本人も言われたくない、消し去りたい過去かもしれませんが、高校時代でしたっけ?

アマチュアの試合で亀田大毅選手と戦っているんですよね。

この頃から、向井選手は相当センスあふれるボクシングをして近畿チャンピオン、全国大会でも活躍していたので、余裕の勝利になるかと思っていました。

がしかし、亀田大毅選手のパンチが意外と重く、ドシッ!ドシッ!とガードの上からでも向井選手が打ち込まれ続けるんです。

・・・あれ?

向井選手は当時、ブロックをしてサウスポーからのスピーディーなリターンが得意でしたから、まずブロックの時点でよろけるため、印象がものすごく悪いんです。

そして確か当時はペーパー採点だったため、よろけるとパンチが顔面にヒットしていなくても劣勢感が出てしまうんですよね・・・

そして、フルラウンド終わった頃にはそこにいた誰もが

「うーわ、向井負けた」

という悔しい状況に。

当時から亀田三兄弟は注目を浴びてました(この日、テレビカメラも来てました)ので、
『ヒール(悪役)がルールを守り正当に勝つ』
という誰も、下手したら亀田三兄弟ですら望んでいない結果になってしまったのです(笑)

ほぼだれも得しませんからね・・・

そんな悔しさを経てプロになり、2011年にWBCフライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカム、2013年にWBC・S・フライ級王者シーサケット・ソールンビサイにタイで挑戦して敗れています。
3度目の世界挑戦に向けての大事な一戦!!

向井選手は
「倒しに行くボクシングをします」
とおっしゃっていますが、向井選手にパンチ力を感じた記憶は少なくとも私にはありません。

今はどうなんでしょう?

何が正解かなんて、しばらく向井選手の試合を見れていない私にわかるわけがありませんのでこちらに偉そうに書くことはしません。
ただどうか、戦い方だけは間違えないでほしいです!!

ブログランキング参加中!
応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

ボクサーストレッチブログ

順番ダイエットブログ

スポンサードリンク



&nbsp

-OPBFチャンピオン, WBA, WBC, アマチュア出身, 元世界チャンピオン, 持論, 日本人世界チャンピオン
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

山中慎介ありがとう~ボクシングがサッカーW杯のように盛り上がる日は来ない~

元WBC世界バンタム級チャンピオン、山中慎介氏の引退パーティー「さらばボクサー山中慎介 夢と感動をありがとうの会」が7/1に行われました。 なんと来場者1300人!! 山中さんの愛されっぷりを感じます …

ハードパンチャー井上尚弥の握力は成人男性の平均

井上尚弥選手の体幹 前回の記事に書かせていただのですが、 井上尚弥の本当のすごさは○○にあり 井上尚弥選手のボクシングの凄さについて思いつくままに書かせていただいたのですが、やはりそこに信ぴょう性がな …

井上尚弥今夜!マクドネル、計量がゴールではないよ

本日25日、ゴングとなるダブル世界タイトルマッチの計量が24日、東京ドームホテルで行われました!! WBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネルは予定時刻を1時間10分遅刻して登場。 53.3キロで …

比嘉・拳四朗・村田がそろって盛り上がらんわけがない!

WBC世界フライ級チャンピオンの比嘉大吾とWBC世界Lフライ級王者の拳四朗が19日、都内で記者会見を開き、4月15日の横浜アリーナ「FUJI BOXING」で防衛戦を行うことを発表しました! 当日のメ …

元アマチュアボクシング界のエース八重樫・向井が白黒ハッキリつける

本日、後楽園ホールで開催される「フェニックスバトル」の計量が16日おこなわれ、メインのSフライ級10回戦に出場する世界3階級制覇の八重樫東選手は51.9キロ、元WBOアジアパシフィック同級王者の向井寛 …



Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish