山田BODYがボクシングを語るブログ

山田BODY/元アマボク日本ランカー・ストレッチトレーナー芸人

アマチュア出身 元世界チャンピオン 復帰

井岡一翔は4階級制覇しても叩かれる

投稿日:2018年11月3日 更新日:

WBOは1日、王座が空位となっているS・フライ級について、同級1位ドニー・ニエテスと同3位にランクされる井岡一翔の王座決定戦を承認したそうです!!

※WBOがホームページ上で明らかにしました。

36歳のニエテス(41勝23KO1敗5分)はWBOミニマム級王座を4度、WBO・L・フライ級王座を9度防衛したのち階級アップ。昨年にIBFフライ級王座を獲得して3階級制覇を達成し、現在は4階級制覇を狙っている。

こちらも3階級を制覇している29歳の井岡選手(23勝13KO1敗)は昨年大みそかに引退宣言したものの、4階級制覇を目指して今年7月に現役復帰を表明。

前回の勝利は

「まだまだ強いなー!!」

と私は素直に感じました。

そんな井岡選手とニエテスの一戦は、なんと大みそかにマカオで開催する方向だそうです!!



スポンサードリンク

井岡選手のことを叩くボクシングファンがいまだに多いですが・・・

電撃引退からの復帰

海外での堂々たる戦いっぷり

・・・これ叩く理由あります?

もっと叩くべきボクサー山ほどいます(笑)

-山田BODY-

ブログランキング参加中!
最後まで読んでくださりありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

パーソナルトレーニング

順番ダイエットブログ



 

 

-アマチュア出身, 元世界チャンピオン, 復帰
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

井上尚弥の無敗のいとこが世界に向け魅せた!

「第68回フェニックスバトル」が1日、後楽園ホールで開催され、メインの日本S・ライト級タイトルマッチは、王者の井上浩樹選手(大橋)が挑戦者8位の池田竜司選手(竹原&畑山)に5回34秒TKO勝 …

ボッコボコが最低条件の侍、井上尚弥出陣!

ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級に出場する井上尚弥選手のライバルたちの試合日程が続々と決定しております! WBAスーパー王者ライアン・バーネットと複数階級制覇王者ノニト・ …

ワイルダーVSフューリーの体重差について考える

デオンテイ・ワイルダー(米)vs.タイソン・フューリー(英)再戦の計量が21日、ラスベガスで行われました。 WBCヘビー級王座の11度目の防衛戦となるワイルダーは231ポンド(104.78キロ)、 挑 …

no image

強すぎる井上尚弥にWBSS特別ルール

ダブル世界戦のメインイベント、WBA世界バンタム級タイトルマッチは、挑戦者2位の井上尚弥選手が王者ジェイミー・マクドネルに1回1分52秒TKO勝ちで3階級制覇を成し遂げました! デビューから16戦目で …

「日本ボクシングの宝」堤駿斗よ、大学行く意味ある?

ミライモンスター観ましたか? 先日のリーグ戦での名試合 堤駿斗選手VS松本圭佑選手を放送していたんですね! わたくし観れていないんですが・・・ この試合、リアルタイムで観ましたが非常にレベルの高い一戦 …



Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish