アマチュア出身 スーパーチャンピオン リスペクトボクサー 世界チャンピオン 感想 持論 無敗 統一戦

WBSS井上尚弥を倒せる唯一の方法〜決勝ノニト・ドネアとの対決〜

投稿日:2019年5月19日 更新日:

ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズWBSS、バンタム級準決勝で、IBF王者エマヌエル・ロドリゲスを2回TKOで下した井上尚弥選手が試合後の記者会見で安堵の表情を見せました!

前回の70秒には劣るものの

4分19秒KOという驚異的数字。

WBSS記者からの
「きょうは2ラウンドもかかってしまったのはなぜ?」
といういじわるな質問にも

「1ラウンド目はスコットランド、グラスゴーのなれない環境での力みも多少あって、2ラウンド目から力みに修正をかけて、それがうまくいって自分の思うように戦えたと思います」

と冷静な返答。

続けて
「カウンターだったり、返しのアッパーだったり、予測できる範囲ではありましたけど、実力のある(選手ならではの)角度から打ってきたりとか、けっこう危ないタイミングもありました」

とやはり、過去に味わったことがない角度からの攻めが井上尚弥選手と決勝で戦うノニト・ドネア選手が勝てるかもしれない唯一の方法か?



スポンサードリンク

押され気味に感じた1ラウンド目に関しても

「プレッシャーをかけてくるとは思っていたので、ああいう展開で自分は引きながら迎え撃つ感じで。気持ちの余裕はありましたけど、硬さですよね」

とやはりそれなりの重圧はあったことに安心(笑)

2ラウンドからは
「プレッシャーをかけてきたので、勢いづかせないためですよね。1ラウンドよりも重心を落として(相手を)おさえるように。そこは自分の感覚でできた」

と、やはり名チャンピオンは対応力が優れてますよね。

元WBA世界ミドル級チャンピオン村田諒太選手が相手の予想してなかったペースに対応できず、ズルズル最後まで行ってしまったのが記憶に新しいです。



スポンサードリンク

一方、井上尚弥選手は
「面白かったんじゃないですか。自分もやっていてパンチが当たらないという感覚もありましたし、少しですけどパンチももらいましたし、楽しかったですよ。」

と良い意味で「ナメてる」姿勢が頼もしい。

「長引けばお互いに緊張感が解けて、お互いの良さがたぶん出てきて、もっとボクシングとして面白い展開になるんじゃないかと。1ラウンドが終わった時にそう思っていたので。まあ、1ラウンド目で感触的に負けはしないだろうな、という気持ちの余裕はありました」

・・・1ラウンド終わりにそんなこと思ってたの!?

やはり、彼はモンスターです(笑)

村田諒太選手も
「尚弥は天才」

と発言しておりますしね。

決勝のドネア戦に関しては
「ドネアですよ(笑)。重圧? もうここまできたら開き直るしかないですよ」

とワクワクした様子。

ノニト・ドネアと言えばバンタム級のレジェンドの様な選手ですからね。

井上尚弥選手も警戒する

「一発だけはもらわないように心がけていかないといけないですね。」

というドネアの一発を当てることができるかもしれない方法を私なりに考えてみました。

“>WBSS井上尚弥を倒せる唯一の方法〜決勝ノニト・ドネア戦展望〜

ー山田BODY(twitter)ー

私のパーソナルジムでミット打ちをやってみたい方30分体験にご参加ください
体験に興味がある


ボクレッチ、続々とメディアに取り上げて頂いてます!

パーソナルジムBBBホームページ

ブログランキング参加中!
最後まで読んでくださりありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村



 

 



-アマチュア出身, スーパーチャンピオン, リスペクトボクサー, 世界チャンピオン, 感想, 持論, 無敗, 統一戦
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WBSS、井上尚弥の相手はテテか?ネリか?はたまた・・・

なんと!! WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)が、第2回ではバンタム級での挙行を考慮しているそうです。 このWBSSとは、リチャード・シェイファー、カレ・ザワーランドという米独のプロ …

ミライモンスター潰しの村田昂選手に注目!

東京農大、松本圭佑選手がミライモンスターで取り上げられていました。 もうかれこれ6回目(?)の出演なんですね 未来の日本ボクシング界を担うミライモンスターと呼ばれながら、ライバル堤駿斗選手(東洋大)に …

井上尚弥とドネアの対決を阻む原因はまさかのWBSSそのもの!?

モンスター井上尚弥選手が出場中のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝戦に関してこんな情報が・・・ 対戦を予定しているノニト・ドネアが、主催者への不信感から出場を辞退する可 …

パッキャオVSロマチェンコ!?&残念、日本人選手も1.8キロオーバー

6階級制覇王者、前WBO世界ウェルター級王者マニー・パッキャオが7月8日、マレーシアのクアラルンプールでWBA世界ウェルター級レギュラー王者ルーカス・マティセーと対戦することが決まりました! フィリピ …

八重樫東最終章、同門の後輩モンスター井上尚弥の影に隠れるか?それとも・・・

元3階級制覇王者の八重樫東選手が4月8日、後楽園ホール「フェニックスバトル67」でノンタイトル10回戦を行うことになりました!! 対戦相手は未定 35歳の八重樫選手はこれまでにWBAミニマム級、WBC …

 

Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish