IBF WBA WBC WBSS アマチュア出身 スーパーチャンピオン リスペクトボクサー 展望 持論 日本人世界チャンピオン 無敗

井上尚弥・拓真で世界!ドネアと決勝!夢が2つ叶う夜

投稿日:

WBA・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥選手
WBC世界同級暫定王者の井上拓真選手が11月7日さいたまスーパーアリーナでダブル世界タイトルマッチを行うと発表しました!!

尚弥選手はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝でWBAスーパー王者ノニト・ドネアと対戦。

拓真選手はWBC正規王者ノルディ・ウーバーリと団体内統一戦を行います!

記者会見にはドネアも出席しました!!

井上尚弥選手は

「このWBSS決勝は、自分のキャリアにとってどんなに大切な試合か知っているし、みなさんが望むことも自覚している。このトーナメントが始まったときに一番対戦したかったドネア選手と決勝で戦えることを感謝している。自分のすべてを出してアリトロフィーをゲットしたい」

と発言しました。

対するドネアは

「いまのノニト・ドネアができているのは、サムライ精神や、武士道の考えがすごく影響している。私を培ってくれた日本で、ナオヤという素晴らしいボクサーと対戦できることに興奮している。年齢もあり私の力を疑う声もあるけど、それが間違いであることを見せたい。11月は自分のためではなく、ファンのため、日本のため、世界のファンのために戦う」

と発言。

井上尚弥選手が高校生のころはドネアからたくさんのことを学んでいたそうです。

そんな2人がこういったバンタム級世界最強を決める大会の決勝で戦う。

このご時世、
マンガでも嘘くさくなるくらい良くできた展開です。

ドネアを研究してきたからこそ、ドネアの手の内を知っていることでしょう。

あの左フックを交わせるのか?

ドネアが尚弥を倒す方法はこちら👇

■井上尚弥(26歳=大橋)
出身 神奈川県座間市
身長 165cm
アマ戦績 75勝6敗
プロ戦績 18勝16KO
獲得タイトル WBC・L・フライ級(防衛1)、WBO・S・フライ級(防衛7)、WBAバンタム級(防衛1)、IBFバンタム級
WBSS初戦 1回1分10秒KO勝ち vsフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)
WBSS準決勝 2回1分19秒TKO勝ち vsエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)

■ノニト・ドネア(36歳=フィリピン)
出身 フィリピン・ポホール島タリポン
身長 168cm
アマ戦績 68勝8敗
プロ戦績 40勝26KO5敗
獲得タイトル IBFフライ級(防衛3)、WBA・S・フライ級暫定(防衛1)、WBC・WBOバンタム級(防衛1)、WBO・S・バンタム級(防衛3)、IBF・S・バンタム級、WBAフェザー級スーパー、WBO・S・バンタム級(防衛1)、WBAバンタム級スーパー(防衛1)
WBSS初戦 4回終了TKO勝ち vsライアン・バーネット(英)
WBSS準決勝 6回2分37秒KO勝ち vsステフォン・ヤング(米)

山田BODY【Twittter


この姿を願いつつ、接戦に期待

私のパーソナルジムでミット打ちをやってみたい方30分体験にご参加ください
体験に興味がある

山田BODYパーソナルジムBBBホームページ

ブログランキング参加中!
最後まで読んでくださりありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村



 

 



-IBF, WBA, WBC, WBSS, アマチュア出身, スーパーチャンピオン, リスペクトボクサー, 展望, 持論, 日本人世界チャンピオン, 無敗
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

7年前のライバル、山中と岩佐が手を組む!

 3月1日の両国国技館でIBF世界S・バンタム級王座の初防衛戦に臨む岩佐亮佑が21日、練習を公開。挑戦者エルネスト・サウロン戦に向けて好調をアピールしました! この日はダブルタイトルマッチ!! 岩佐選 …

ベルチェルトはナンバー1キャバ嬢

 メキシコで日本時間11日に行われたWBC世界S・フェザー級タイトルマッチは、王者ミゲール・ベルチェルトが挑戦者マックスウェル・アウクに3回2分43秒TKO勝ち。 昨年フランシスコ・バルガスから獲得し …

計測ミス・・・井上尚弥の試合でも同じことやってた?

 日本ボクシングコミッション(JBC)選手権委員会は27日、タイム計測ミスが起きた昨年12月のOPBFバンタム級王座決定戦について 「本試合を公式試合とすべきと裁定する」 との結論を発表しました。 と …

井上尚弥の無敗のいとこが世界に向け魅せた!

「第68回フェニックスバトル」が1日、後楽園ホールで開催され、メインの日本S・ライト級タイトルマッチは、王者の井上浩樹選手(大橋)が挑戦者8位の池田竜司選手(竹原&畑山)に5回34秒TKO勝 …

源大輝、絶対に負けられない戦い~日本フェザー級タイトルマッチ~

昨日のボクサー筋と呼ばれる「前鋸筋」について書かせていただいた記事、たくさんの方が見ていただいたようでありがたい限りです。 スポンサードリンク さて、後楽園ホールで行われました日本フェザー級タイトルマ …

 

Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish