WBA WBC WBO アマチュア出身 帝拳ジム 引退 日本人世界チャンピオン 統一戦 防衛戦

井上尚弥に負けてられない!村田と八重樫に共通すること

投稿日:2019年10月17日 更新日:

12月23日、横浜アリーナのトリプル世界タイトルマッチが発表されました!!

メインはWBA世界ミドル級王者の村田諒太選手(帝拳)が挑戦者9位スティーブン・バトラー(カナダ)と初防衛戦。
※バトラーにつきましてはまた後日詳しく!!



スポンサードリンク
山田BODYパーソナルジムBBBホームページ

WBC世界L・フライ級王者の拳四朗選手(BMB)はIBF同級王者フェリックス・アルバラード(ニカラグア)と統一戦。

3階級制覇王者の八重樫東選手(大橋)はIBF世界フライ級王者モルティ・ムザラネ(南アフリカ)に挑みます!!

村田選手(15勝12KO2敗)は7月、ロブ・ブラント(米)に雪辱して王座を奪い返しての防衛戦。
WBCインターナショナル・ミドル級王者でWBO1位にランクされるバトラー(28勝24KO1敗1分)は世界初挑戦となります。 

WBC王座を6度防衛している拳四朗選手(16勝9KO無敗)は7度目の防衛戦で念願の王座統一戦を迎えます!

IBF王者のアルバラードは昨年10月に王座を獲得、小西伶弥(真正)を初防衛戦で退け、今回がV2戦となります!
3階級制覇の36歳、IBF14位にランクされる八重樫は17年5月、ミラン・メリンド(比)に1回TKOで敗れ、IBF世界L・フライ級王座を失って以来2年半ぶりの世界戦です。
37歳のムザラネは坂本真宏(六島)、黒田雅之(川崎新田)に続き3戦連続で日本人選手を迎える。
これが3度目の防衛戦。

村田選手と八重樫選手の試合に共通すること



スポンサードリンク
山田BODYパーソナルジムBBBホームページ

それは二人とも
「負けたらこの試合で終わり」
ということ。
(拳四朗選手はまだ若いですし、最後にはならないでしょう)

そんなことを思いながらトリプル世界戦観戦は正直、精神的スタミナがもたないです・・・

ボクシングは『感情で観る』スポーツですからね。

せっかくの横浜アリーナの大観衆の前での試合。
おそらくTV放送もあるでしょう。

この放送でどれだけ一般の視聴者の心をつかむかがメディアとして大切だと思います。

選手は100%の力を出してくれます。

いつだってそうです。

あとはスタッフの頑張りが必要。

試合1か月前からのプロモーション。

テレビCM

そして試合前の煽りVTR。

これだけ日本人ボクサーが頑張ってる中、いまだボクシング人気がパッとしないのもすべては作る側の力不足だと思っています。

1度に行う世界戦の数が単純に増えただけのイベントには誰も興味がない・・・


井上尚弥にすべて持っていかれてる日本ボクシングを変えるのはこの男!

私のパーソナルジムでミット打ちをやってみたい方30分体験にご参加ください
体験に興味がある

Youtubeチャンネル「一週一善」よろしくお願いいたします♪👇


山田BODYパーソナルジムBBBホームページ

ブログランキング参加中!
最後まで読んでくださりありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村



 

 




-WBA, WBC, WBO, アマチュア出身, 帝拳ジム, 引退, 日本人世界チャンピオン, 統一戦, 防衛戦
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジョシュアVSアンディの長身とデブ対決再び!

ジョシュアのあの悲劇から3か月・・・ ヘビー級3冠統一王者アンディ・ルイスJrと、前王者アンソニー・ジョシュアのダイレクトリマッチが実現することが内定したとのニュースが!! 3か月前、無敵だったジョシ …

岡田博喜ようやく世界か!?トップランク社で村田諒太に続け

米大手プロモーション会社のトップランク社と3年契約をかわし、9月14日にアメリカ進出第1戦が決まったSライト級岡田博喜選手が13日に記者会見をおこないました!  WBO3位、WBC9位など世界4団体で …

パッキャオ・村田の着こなしを参考に

2017年度の年間表彰式が開催されました! 受賞者はこちら 最優秀選手賞 村田諒太(帝拳) 技能賞 井上尚弥(大橋) 殊勲賞 田口良一(ワタナベ)、木村翔(青木) 努力賞 藤本京太郎(角海老宝石) K …

ルイス・ネリの標的は井上尚弥?ノニト・ドネア?それとも・・・

山中慎介引退から3/26でちょうど1年 山中慎介選手を語る上で忘れられない選手といえばもちろんこの男 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者の同級1位 ルイス・ネリ(メキシコ) そんなルイス・ネリが米 …

山根会長無き今、東京オリンピックに向け高山勝成の挑戦!

プロボクシングのミニマム級で主要4団体のベルトを巻いた高山勝成選手(34歳・名古屋産業大)が6日、 第80回全日本ボクシング選手権大会愛知県選考会にフライ級で出場し、3-0の判定勝ちでアマデビューを飾 …



 

Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish