未分類

那須川天心が武尊に勝つことが試合前に決まっていた?

投稿日:2022年6月28日 更新日:

実際あのルールどうなの??

2022年6月19日(日)東京ドーム『THE MATCH 2022』のメインイベントで行われた、那須川天心(TARGET/Cygames/RISE世界フェザー級王者)vs.武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者)の世紀の一戦

ご存じの通り
判定は5-0で那須川天心選手の勝利となりました!!

ただ、格闘技コアファンの中ではいまだに『体重に関する特例』について言われていますね。

契約体重58キロで試合当日4キロ戻し(試合3時間前)というなかなか物理的、精神的にも過酷なルール。




中でも普段の体重から考えて
武尊選手はかなり過酷な減量だったそうです。

わたし自身も昔アマチュアボクシングの当日計量で苦しんでいた経験者(試合の重みが雲泥の差ですが)としまして書かせていただくと

たしかに、1Rの那須川天心選手のカウンターはお見事!!としか言いようがありませんでしたが、無理な減量後下半身に力が入らず踏ん張りがきかない時は、驚くほどあっさりと倒れてしまうもんです。
他にもボディへのパンチが減ったり、連打を打とうと思っても身体が流れてしまったり、自分の身体ではないような感覚に襲われるのです。




一方、減量がうまくいったとき(もしくは減量のストレスがないとき)の試合はいつも以上のパフォーマンスが出せたりします。

それほど体重というのは、選手のパフォーマンスに影響してくるものだと思います。

戦略、そもそもの実力などに那須川天心選手、武尊選手の差があったことは試合を見て強く感じましたが、

武尊選手、えらい浮足立ってるな…

というのはそれ以上に感じました。

それは、気持ちの入りすぎという精神的なものの他に、減量苦もあったのではないか?

なんて思います。




いずれにせよ、『試合ルールの時点で自分の土俵に持ち込む』

ということは、あのメイウェザーも毎回、日本でおこなうお家芸だったりします。

結論、

試合前から那須川天心選手の勝利が決まっていたのかな?

と思っております。

【おまけ】
那須川天心×武尊見たあとの姉妹

◆著者◆
パーソナルストレッチトレーナー・芸人
山田BODY

公式プロフィール

●吉祥寺駅徒歩5分のパーソナルストレッチスタジオは、完全個室完全予約制3500円(税込)~承っております。
コロナワクチン3回目接種済み・マスク・換気・備品のアルコール洗浄・お客様入れ替え時の徹底清掃などおこなっておりますのでご安心いただければと思います。

ストレッチを受けてみたい&ミット打ちをやってみたい方、まずは30分体験にご参加ください。
コース料金を見る

体験予約/問い合わせメール

吉祥寺パーソナルストレッチスタジオHP
YAMADABODY STRETCH

twitterやってます!!👇
山田BODYtwitter

Instagramやってます!!👇
山田BODYInstagram

YOUTUBEチャンネルご登録お願いします♪👇
Stretchube

ラジオやっております♪👇
マッチポンプ式

絵・グッズ販売やってます!!👇
山田BODYらくがき展

NFTアート販売しております♪👇
PEACE-ANIMAL

ブログランキング参加中!
最後まで読んでくださりありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村



 

 





-未分類
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

井岡一翔の次戦相手はオヤジボクサー?

井岡もボクシング界の宝!! 一見、 現在のボクシング=井上尚弥 となってしまってますが、井上尚弥だけじゃない! 井岡一翔もおります。 WBOはS・フライ級チャンピオンの井岡一翔に対して4度目の防衛戦に …

高山勝成オリンピック断念・・・指導者として革命を!

ミニマム級で主要4団体の世界王者となり、アマチュアに転向して2020東京五輪出場を目指す愛知県代表の高山勝成選手が31日、岐阜県立岐阜工業高校体育館館で開かれた第80回全日本ボクシング選手権大会東海ブ …

室伏とゴロフキンってどっちが強い?

ゴロフキンと室伏広治氏が!! 鋼の肉体同士。 ぜひともリング上で拳を交えていただきたい・・・ どっちが勝つと思います??(ぼくは室伏氏) さて、村田諒太VSゴロフキンが終わり、完全に村田諒太ロスになっ …

実写版『はじめの一歩』引退セレモニー

荒川仁人選手引退セレモニー!! 海外でも活躍した元日本、OPBF、WBOアジアパシフィック・ライト級王者の荒川仁人さん(40)の引退スパーリング&セレモニーが6月14日、後楽園ホール「ダイヤ …

真のチャンピオン、ホルヘ・リナレスへ!

WBA世界ライト級タイトルマッチは、王者ホルヘ・リナレスが15位挑戦者メルシト・ゲスタに12回3-0判定勝ち。3度目の防衛に成功しました! リナレスは「4ラウンドに右拳を痛めたが、それを考えないように …

 

Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish