『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』

山田BODY/元アマボク日本ランカー・現ストレッチトレーナー

持論 海外世界チャンピオン

とりあえずロマチェンコの足マネを

投稿日:2018年1月3日 更新日:

リング誌が2017年の表彰選手「ファイター・オブ・ザ・イヤー」(いわゆるMVP)にWBO世界S・フェザー級王者ワシル・ロマチェンコを選出しました。

ロマチェンコは今年3度リングに上がり、いずれも挑戦者がラウンド間のインターバルで棄権するTKO勝ちで防衛。リゴンドーとのオリンピック金メダリスト対決も圧倒的勝利でしたね。

日本のボクシングは、去年くらいから一気にレベルが上がりパンチ力(パンチの打ち方・拳の硬さ)が超重要な時代になったと思います。

そして、世界のボクシングはパンチ力はもちろん、サイドステップの重要性を感じる試合が非常に多かったです。

もちろん格闘技なので前に攻めてなんぼなのですが、いかにその攻める「角度」を変えるか?
こちらの立ち位置が変わるだけで正面にいる時の何倍も攻めパターンが増えます。

逆にサイドステップを使った防御のおかげで相手のパンチをよけた瞬間、自分が攻めるための「動線」が広くなります。
すなわちカウンターにつながります。

アマチュア出身ボクサーがプロに入り、「プロ向きのボクシング」に切り替えるのももちろん大切なのですが、アマチュアの良さ、アマチュアで大切にしていたことを続けていかないと、昨年12月30日のOPBFフェザー級チャンピオン清水聡選手の試合のように
「ん?練習した?」
という試合、アマ・プロどっち付かずのボクシングになってしまうと思います。

私が清水選手のトレーナーなら、
ロマチェンコの試合映像を見せて、足(フットワーク)だけをマネさせます。

日本のボクシングをさらに「世界レベル」に近づけるには、広い視点を持ったトレーナーも育てていかないといけない時代になってるのかもしれないなぁなんて思ったりもします。

あくまで一ボクシングオタクとしての意見ですけど(笑)
スポンサードリンク




ブログランキング参加中!
応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-持論, 海外世界チャンピオン
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

YOUTUBEで京口VS久田を見た視聴者を見て思ふ

WBA世界L・フライ級タイトルマッチが1日、エディオンアリーナ大阪で行われ、スーパー王者の京口紘人(ワタナベ)が挑戦者1位の久田哲也(ハラダ)を3-0判定で下し、2度目の防衛に成功しました!! スコア …

村田諒太の同期が八重樫と決戦

8月17日後楽園ホールで元3階級世界王者の八重樫東選手とのノンタイトル10回戦が決まったのは、前WBOアジアパシフィックS・フライ級王者の向井寛史選手!! 向井選手は村田諒太選手と同じ高校の同期。 私 …

幻の世界チャンピオン尾川堅一のその後

6日後楽園ホールで行われる 「第586回ダイナミックグローブ」 の計量が5日、日本ボクシングコミッションで行われ、メインのS・フェザー級10回戦に出場するIBF同級4位の尾川堅一選手(帝拳)は58.7 …

ヘビー級、「タイソン期」の到来!!

リング誌のPFP(パウンドフォーパウンド)で2位にランクされるテレンス・クロフォードが3階級制覇を狙って王者ジェフ・ホーンに挑むWBO世界ウェルター級タイトルマッチが6月9日、ラスベガスのMGMグラン …

小原桂太と岡田博喜が理想の「体幹」

日本王者と最強挑戦者が激突する2020年チャンピオンカーニバルの開幕カード、 日本ウェルター級タイトルマッチが1日、後楽園ホール「第593回ダイナミックグローブ」のメインで行われ。 IBF同級4位で挑 …



Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish