山田BODYがボクシングを語るブログ

山田BODY/元アマボク日本ランカー・ストレッチトレーナー芸人

持論 海外世界チャンピオン

とりあえずロマチェンコの足マネを

投稿日:2018年1月3日 更新日:

リング誌が2017年の表彰選手「ファイター・オブ・ザ・イヤー」(いわゆるMVP)にWBO世界S・フェザー級王者ワシル・ロマチェンコを選出しました。

ロマチェンコは今年3度リングに上がり、いずれも挑戦者がラウンド間のインターバルで棄権するTKO勝ちで防衛。リゴンドーとのオリンピック金メダリスト対決も圧倒的勝利でしたね。

日本のボクシングは、去年くらいから一気にレベルが上がりパンチ力(パンチの打ち方・拳の硬さ)が超重要な時代になったと思います。

そして、世界のボクシングはパンチ力はもちろん、サイドステップの重要性を感じる試合が非常に多かったです。

もちろん格闘技なので前に攻めてなんぼなのですが、いかにその攻める「角度」を変えるか?
こちらの立ち位置が変わるだけで正面にいる時の何倍も攻めパターンが増えます。

逆にサイドステップを使った防御のおかげで相手のパンチをよけた瞬間、自分が攻めるための「動線」が広くなります。
すなわちカウンターにつながります。

アマチュア出身ボクサーがプロに入り、「プロ向きのボクシング」に切り替えるのももちろん大切なのですが、アマチュアの良さ、アマチュアで大切にしていたことを続けていかないと、昨年12月30日のOPBFフェザー級チャンピオン清水聡選手の試合のように
「ん?練習した?」
という試合、アマ・プロどっち付かずのボクシングになってしまうと思います。

私が清水選手のトレーナーなら、
ロマチェンコの試合映像を見せて、足(フットワーク)だけをマネさせます。

日本のボクシングをさらに「世界レベル」に近づけるには、広い視点を持ったトレーナーも育てていかないといけない時代になってるのかもしれないなぁなんて思ったりもします。

あくまで一ボクシングオタクとしての意見ですけど(笑)
スポンサードリンク




ブログランキング参加中!
応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-持論, 海外世界チャンピオン
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フジTV特番「ネリVS比嘉、体重オーバー前科持ち対決!!」

世界2階級王者井上尚弥選手が比嘉大吾選手に苦言を呈しました。 「1階級上げてもキツさは一緒。自分は根性と気合いで落とした」 ・・・説得力が凄い ネット上では具志堅氏がやたらと叩かれていますが、結局は減 …

渡部あきのり喧嘩で世界を獲れ!

24日行われた後楽園ホール「DANGAN215」のメインイベント、日本Sウェルター級暫定王座決定戦は、同級1位の渡部あきのり選手が同2位の丸木凌介選手に1回2分51秒TKO勝ちし、日本タイトル2階級制 …

幻の世界チャンピオン尾川堅一のその後

6日後楽園ホールで行われる 「第586回ダイナミックグローブ」 の計量が5日、日本ボクシングコミッションで行われ、メインのS・フェザー級10回戦に出場するIBF同級4位の尾川堅一選手(帝拳)は58.7 …

お金は選手を変える?メイウェザー・ゴロフキン・・・そして我らが井上尚弥!?

ゲンナジー・ゴロフキンVSカネロ・アルバレスの再戦は実現するのか!?  昨年9月に対戦した2人。ゴロフキンが勝っていたとの声が多い中でのドロー決着。 しかし、カネロのドーピング違反が発覚し、仕切り直し …

亀海喜寛~私のはるか先を歩く亀~

わたくし先日、亀海喜寛選手のことを記事にしておきながら、 【引退】亀海喜寛はアニメの主役のような男だった 引退を受け入れられず、連絡ができずにいました。 そんな中、何気なくInstagramを開くと・ …



Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish