『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』

山田BODY/元アマボク日本ランカー・現ストレッチトレーナー

再戦 引退 日本人世界チャンピオン 海外世界チャンピオン

泣き虫粟生再び!!

投稿日:

元世界2階級制覇王者の粟生隆寛選手が3月1日、両国国技館で行われるダブル世界タイトルマッチの前座で、2年10ヵ月のブランクを経て復帰戦を行うことになりました!!

粟生選手は12年10月にWBC世界S・フェザー級王座を奪われたガマリエル・ディアスと62.0キロ契約8回戦を行ないます!!

これは久しぶりの大興奮です。

個人的なことを書かせていただくと粟生選手、わたしの同級生なんです。(学校は違いますが)
高校時代、まだ1年生にもかかわらず年上をリングでボコボコにする彼をインターハイで観ました。

スポンサードリンク



わたしは出れてませんでしたが、あの自信に満ち溢れた圧倒的オーラと俊敏なカウンターに、まだほぼ素人の私も他の観客と同様目を奪われました。

1年生の時の粟生選手は確か、当時高校チャンピオンの松尾亮選手と、今や同門の元世界チャンピオン山中慎介選手に負けたんですよね。

そして、1年生で高校日本一にはなれなかったものの、その後は全勝で高校史上初(当時)の6冠を果たしました!

ずっと観てきましたが、同い年ながら・・・

正直めちゃくちゃかっこよかったです!

リング上はもちろん。
練習中のミット打ち、リングに上がる前にヘッドホンを外す姿、相手と向かい合う時に天井を見上げ闘争本能を抑える姿。

薄っぺらい言葉ですが、キラキラしてました。
スポンサードリンク



 そんな粟生選手は15年5月、ライムンド・ベルトランとのWBO世界ライト級王座決定戦に出場してTKO負け。
結局この一戦はベルトランの体重超過と薬物違反で無効試合となりました。
その後、粟生選手は15年11月に組まれたディアスとの再戦を左足関節腓骨腱脱臼でキャンセルし、翌年3月にこれを手術。
ジムからは引退を勧められたといいます。

エリート街道まっしぐらだったボクシング人生。

ここ数年は惨めな思いもたくさんしたと思います。
泣き虫粟生くんのことですから、たくさん泣いたことでしょう。

そんな泣き虫粟生くん、3/1はどうかリングの上で嬉し泣きをしてほしい。
スポンサードリンク




ブログランキング参加中!
応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-再戦, 引退, 日本人世界チャンピオン, 海外世界チャンピオン
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


  1. 粟生親父 より:

    ありがとう
    あなたに感謝いたします…

  2. body00 より:

    わざわざありがとうございます。わたしも同級生に天才がいることにずっと感謝してます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WBSS井上尚弥選手はディープインパクト

バンタム級の組み合わせ発表会で、第2シードとなった井上尚弥選手は元WBAスーパー王者フアン・カルロス・パヤノを指名しました! 第1希望は元5階級制覇王者ノニト・ドネアでしたが、第1シードのWBAスーパ …

井上尚弥の無敗のいとこが世界に向け魅せた!

「第68回フェニックスバトル」が1日、後楽園ホールで開催され、メインの日本S・ライト級タイトルマッチは、王者の井上浩樹選手(大橋)が挑戦者8位の池田竜司選手(竹原&畑山)に5回34秒TKO勝 …

山中慎介、ネリに勝って井上尚弥と!!

さぁ!近づいてきましたね! 3/1山中慎介選手VSネリの再戦! スポンサードリンク ネリは仕上げてきているのでしょうか? あーソワソワします。 ま、この再戦になった経緯は皆さんご存知と思いますが、ネリ …

プロに未練は?高山勝成、オリンピック目指す!

プロボクシングミニマム級の世界主要4団体王者に輝いた高山勝成選手が2020年の東京五輪にアマチュアとして出場を目指すことに!  高山選手はWBO世界ミニマム級王座を返上。昨年春、名古屋産業大学に入学、 …

拳四朗、次戦に向け人気者の井上尚弥・村田諒太を意識?!

WBC世界L・フライ級王者、拳四朗選手の後援会総会とV3祝勝会が27日、京都市のリーガロイヤルホテル京都で220人が集まり開かれました!! 拳四朗選手は 「今年はあと2回防衛戦をやりたい。もっともっと …



Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish