山田BODYがボクシングを語るブログ

山田BODY/元アマボク日本ランカー・ストレッチトレーナー芸人

アマチュア出身 持論 日本人世界チャンピオン

7年前のライバル、山中と岩佐が手を組む!

投稿日:2018年2月21日 更新日:

 3月1日の両国国技館でIBF世界S・バンタム級王座の初防衛戦に臨む岩佐亮佑が21日、練習を公開。挑戦者エルネスト・サウロン戦に向けて好調をアピールしました!

この日はダブルタイトルマッチ!!

岩佐選手が昨年10月から取り組んでいるのがフィジカルトレーニングなのですが、その指導者は村田諒太選手や山中慎介選手ら帝拳勢を指導する中村正彦トレーナー!

週2日のペースで筋トレやスタミナ系のトレーニングを始めたそうです。

岩佐選手自身
「中腰の力強さ、低い姿勢からのパンチに力が入るようになった」
と手ごたえを感じているようです。

いいですね!

ジムの垣根を超えて、本当に強い、世界でも名を挙げれる日本人選手を作っていくための良い流れだと思います。

いずれ本当のトップを獲る選手からしたら、
全員敵ではなく味方なんです!

なぜなら、一緒にトップを争うライバルたちのお陰で頂上まで成長できるからです。

彼らがいないとそこまでの力が出せないから!

スポンサードリンク



最近、毎日のように放送されているオリンピックもそうだと思います。

その競技のトップ記録を作るのはたった1人ですが、その記録を出すために争ったライバルのおかげの記録だと思います。

なので、「ライバル」は敵ではないです!

かつて争った岩佐選手のジムと山中選手のジムが手を組むこの光景、たまらないですね!

日本のボクシングはますます面白くなりそうです!!

スポンサードリンク



ブログランキング参加中!
応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 

-アマチュア出身, 持論, 日本人世界チャンピオン
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

木村翔・和氣・久我・・・真の主役は誰だ!?

WBO世界フライ級チャンピオンの木村翔選手が24日、2度目の防衛戦を行う中国のチンタオに旅立ちました!  ちょうど1年前に中国・上海で五輪2大会連続金メダリスト、ゾウ・シミンからタイトルを奪った木村選 …

『井上尚弥VS亀田和毅』前哨戦

 WBC・Sバンタム級暫定王座決定戦の計量がおこなわれ、同級1位アビゲイル・メディナが55.1キロ、同2位の亀田和毅が55.2キロでリミットの55.3キロをクリアしました!! 試合は明日12日、後楽園 …

八重樫、再びあのアウトボクシングを!

元世界3階級制覇王者の八重樫東選手が26日、後楽園ホール「第63回フェニックスバトル」のセミに登場しSフライ級10回戦でインドネシア・フライ級王者のフランス・ダムール・パルーに2回2分24秒TKO勝ち …

内藤大助には才能がなかった?

OPBF・S・ライト級王座決定戦は、同級2位の内藤律樹が同級1位ジェフリー・アリエンザに9回1分14秒TKO勝ちし、新チャンピオンになると同時に日本S・フェザー級に続くタイトルを獲得しました! いやぁ …

ワイルダーVSフューリーの体重差について考える

デオンテイ・ワイルダー(米)vs.タイソン・フューリー(英)再戦の計量が21日、ラスベガスで行われました。 WBCヘビー級王座の11度目の防衛戦となるワイルダーは231ポンド(104.78キロ)、 挑 …



Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish