ニューヒーロー 持論

『井上尚弥超え』最有力候補

投稿日:

うちの妻も武居由樹にハマる!

テレビ放送されました
9日に開催された第80回フェニックスバトル」メインの54.5キロ6回戦(元K-1王者の武居由樹(大橋)がデビューから5連続KO勝利の竹田梓(高崎)に1回2分57秒TKO勝ち。デビュー2連勝を飾りました!)

ご覧になられましたか?

いやぁー!よかった!

2戦目で早くもメインイベント
そしてこのコロナ禍にあれだけのお客さんを呼べる武居由樹選手は本当にすごいですね。

それもあの『人柄』が生み出すんでしょうね。

とにかく礼儀正しい!

相手選手へはもちろん、セコンド、レフェリー、そしてラウンドガールにまでこの深々とした会釈!

ラウンドガールの女の子も笑っちゃってます。




そして・・・

今回テレビで見て気付かされたことがあります。

相手の竹田選手

めちゃくちゃいい選手だった!

武居選手のすべてのパンチにしっかり反応しておりました!

さらに、一発結構強烈なパンチ(見えづらかったのですが左フックからの右かな?)を武居選手に当ててます。

結果KOパンチをもらいはしましたが、しっかり左フックのカウンターを振りかぶっておりました。(武居選手の右フックがそれを上回る速さでした)

なので、
竹田選手にもぜひ今後とも頑張ってほしいです。

これまで5戦5勝5KO。

そんな選手が一度の敗戦で諦めて欲しくないので、ぜひとも再起してほしいです。




今回はこの2人の『大きな差』を考えてみました。

●経験値では武居選手が大きく上回るものの、パンチ力やスタミナ、フィジカル面では竹田選手も負けてなかったと思います。

●さらにスピードも両者互角といっていいくらいでした。

Q.では何に差があったか?

目立ったのは「モーション」差だと感じました。

武居選手もご自身でおっしゃってましたが、脱力して打つことが1番パンチ力につながるんですよね。

さらに、ノーモーションで打つことで軌道が見えない分、相手に予想がつかないため、前の記事でもかきましたが、

反応できてない=カウンターをもらったときのような衝撃がくるんです。

例えると、ドッチボールをしていてボールをぶつけられた時、「くる!」と思って当てられるのと、振り返った瞬間「バコン!」と当たるのではどう考えても後者の方が衝撃を受けますよね。

相手が反応できないパンチを打てるというところが、武居由樹選手の強みだと思います。

もう少し上のレベルに行くと、「ガードが低い」などいろいろと言われたりすると思いますが、ぜひともノーモーションからの突き刺さるパンチは無くさずに戦っていってほしいです。

ま、そこは八重樫トレーナーがいるので、大丈夫でしょう。

あの2人のゆる〜い(?)師弟関係もなんかいいですよね

録画したテレビを一緒に見てたうちの妻も、すっかり武居選手にハマっておりました。

ものすんごい選手がボクシング界にキターーーーーー!!!

◆著者◆
元アマ日本ランカーボクサー・現パーソナルストレッチトレーナー・芸人
山田BODY

公式プロフィール

私のパーソナルジムでストレッチを受けてみたい&ミット打ちをやってみたい方30分体験にご参加ください
HPはこちら!!👇
体験に興味がある

twitterやってます!!👇
山田BODYtwitter

Instagramやってます!!👇
山田BODYInstagram

YOUTUBEチャンネル「stretchube」ご登録お願いします♪👇
山田BODYチャンネル

ブログランキング参加中!
最後まで読んでくださりありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村



 

 





-ニューヒーロー, 持論
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

3年前、粟生の人生を狂わせたベルトラン

 3年前の粟生隆寛選手とのWBOライト級王座決定戦でTKO勝ちするも、体重オーバーと薬物反応で無効試合となったが、その後6連勝4KOで初タイトル獲得となったベルトランと、2009年、日本で小堀祐介選手 …

井上拓真、兄尚弥との大きな違い

WBCバンタム級指名挑戦者決定戦が「第65回フェニックスバトル」のメインで行われ、井上尚弥選手の弟である同級9位の井上拓真が同3位のマーク・ジョン・ヤップに3-0判定勝ちし、WBCバンタム級の指名挑戦 …

井上尚弥VSルイス・ネリ

突然ですが 「今年見たい試合12」に井上尚弥VSルイス・ネリが選ばれたことについてどう思われますか? 私はとりあえず 「・・・は?」 です。 いやいや! ネリは山中慎介選手と3/1に戦うし、その結果が …

村田と比嘉、プロとセミプロ

比嘉大吾選手が県民栄誉賞を辞退です。 まだ22歳、そこまで気にすることではないです。 ただ、日本のボクシングファンの比嘉選手を擁護しすぎな空気も少し気持ち悪いなと思います。 ネリの時とは状況が全く違え …

山中慎介さんにアノ質問してきました

WBC世界ミニマム級タイトルマッチが29日タイで行われ、王者のワンヘン・ミナヨーティンが挑戦者14位ペドロ・タドゥランに3-0判定勝ちしました! 防衛を10に伸ばすと同時にデビューからなんと51連勝( …

 

Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish