TV 日本人世界チャンピオン

「プロ感」と井岡

投稿日:2018年1月1日 更新日:

世界戦を観ていて「プロ」と「アマ」の差をボクシングのラウンド中以外で感じることがあります。

それは勝利者インタビューです。

まず井上尚弥選手のコメント
「全然ものたりないところがあるので、来年はバンタム級でやりたい。WBOがテテ、WBCは山中さんが再戦で、選択肢が面白くなってくる中、そういう世界に飛び込んでいきたい」

長さもバッチリ、お客様・視聴者が求めていることもしっかり言ってくれて、何より必要だと思うのがこの「そういう世界に飛び込んでいきたい」という謙虚さ。

それに比べて、拳四朗選手はテンションが上がってしまい、中学生にしか見えませんでしたね。かわいいけど(笑)

あれは具志堅用高氏、輪島功一氏、内藤大助氏のような深みがない。
『サービス精神』が感じられないんですよね・・・かわいいけど

あと、解説者の村田選手と清水選手のやりとりは見てられませんでしたね・・・

香川照之さんが気を使ってましたからね。
あれほどの大御所に気を使わせちゃダメ。

やっぱりボクシングのレベルは超一流でもしゃべりは一般人レベルなのでTVでアレを見せられるとチャンピオンの価値も下がる(笑)

「結局ふつうの兄ちゃんやん」と興ざめする。

私の持論で「強い選手は優しい」というのがあります。
やはり、自分を客観視して立場をわきまえた発言をできる選手が相手選手の気持ちもわかると思います。

ずっと勝ち続ける選手はそういう選手だと思います。
スポンサードリンク



その点で井上尚弥選手は、そういった講習も受けてるんじゃないかというくらい、コメントや立ち居振る舞いに「プロ感」がありますよね!

俗に言う「オーラ」ってそういうことなんでしょうね。

それにしても・・・
井岡選手どうしたんですかね?
あれほどプロ感のない引退会見ってあるんですね
オーラゼロでした。

ブログランキング参加中!
応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-TV, 日本人世界チャンピオン
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

センス溢れるカウンター粟生隆寛再び!

粟生隆寛選手 かつて高校6冠がプロデビュー!! と騒がれ早々と世界2階級制覇したものの伸び悩み、2015年のベルトラン戦のKO負け(無効試合)を最後に試合から遠のいています。 そんな粟生選手が昨日のボ …

木村翔圧勝!ポスト辰吉丈一郎がヤンキー達に夢を与える!

遅くなりました!! いつも観てくださっている方いましたらこの試合に関するコメント遅くなり申し訳ありません!! 27日に中国・青島でおこなわれたWBO世界フライ級タイトルマッチは、チャンピオン木村翔選手 …

拳四朗、勝ち続けた先に知名度がある

WBC世界Lフライ級チャンピオンの拳四朗選手が28日、都内で記者会見を開き、10月7日の横浜アリーナで元IBF同級王者ミラン・メリンドを迎えて4度目の防衛戦に臨むと発表しました!! メインではWBA世 …

田口世界戦に見えたボクシング界の危機

20日、WBA&IBF世界L・フライ級タイトルマッチが行われ、統一チャンピオンの田口良一選手はIBF同級6位ヘッキー・ブドラーに0-3判定負けとなりました。 これによりWBAは8度目、IBFは …

ボクシング界「第7世代」武居由樹

武居由樹がアツい もうこれはK-1ファンなら誰しもが承知の事実で、ボクシング界に転向後のデビュー戦も衝撃的なKO勝利をかまし、一気に脚光を浴びたことでボクシングファンの中でも タダ者ではない感が漂いま …

 

Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish