『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』

山田BODY/元アマボク日本ランカー・現ストレッチトレーナー

TV 日本人世界チャンピオン

「プロ感」と井岡

投稿日:2018年1月1日 更新日:

世界戦を観ていて「プロ」と「アマ」の差をボクシングのラウンド中以外で感じることがあります。

それは勝利者インタビューです。

まず井上尚弥選手のコメント
「全然ものたりないところがあるので、来年はバンタム級でやりたい。WBOがテテ、WBCは山中さんが再戦で、選択肢が面白くなってくる中、そういう世界に飛び込んでいきたい」

長さもバッチリ、お客様・視聴者が求めていることもしっかり言ってくれて、何より必要だと思うのがこの「そういう世界に飛び込んでいきたい」という謙虚さ。

それに比べて、拳四朗選手はテンションが上がってしまい、中学生にしか見えませんでしたね。かわいいけど(笑)

あれは具志堅用高氏、輪島功一氏、内藤大助氏のような深みがない。
『サービス精神』が感じられないんですよね・・・かわいいけど

あと、解説者の村田選手と清水選手のやりとりは見てられませんでしたね・・・

香川照之さんが気を使ってましたからね。
あれほどの大御所に気を使わせちゃダメ。

やっぱりボクシングのレベルは超一流でもしゃべりは一般人レベルなのでTVでアレを見せられるとチャンピオンの価値も下がる(笑)

「結局ふつうの兄ちゃんやん」と興ざめする。

私の持論で「強い選手は優しい」というのがあります。
やはり、自分を客観視して立場をわきまえた発言をできる選手が相手選手の気持ちもわかると思います。

ずっと勝ち続ける選手はそういう選手だと思います。
スポンサードリンク



その点で井上尚弥選手は、そういった講習も受けてるんじゃないかというくらい、コメントや立ち居振る舞いに「プロ感」がありますよね!

俗に言う「オーラ」ってそういうことなんでしょうね。

それにしても・・・
井岡選手どうしたんですかね?
あれほどプロ感のない引退会見ってあるんですね
オーラゼロでした。

ブログランキング参加中!
応援ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-TV, 日本人世界チャンピオン
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

手足の長さはフィギュア羽生越え、松本亮が魅せる!

 28日、松本亮選手の挑戦を受けるWBA世界S・バンタム級チャンピオンのダニエル・ローマンが16日、横浜市内の大橋ジムで練習を公開しました! ローマンは松本選手を破ることができた場合、WBA同級チャン …

小さな輪島功一

第7回全日本アンダージュニアボクシング大会関西ブロック選考会最終日が奈良で行われたそうですが・・・ 小・中学生の大会が7年前からあったの? しかも全国大会まで?! 恥ずかしながらまったく知りませんでし …

負けなし引退男!新井田豊

元WBA世界ミニマム級王座、新井田豊氏 私が現役でやっていた高校時代に第一線で活躍されていました。 この方のボクシング、めちゃくちゃ好きでした。 小さい体でどっしりと構え、こちらから攻めつつ相手が不用 …

村田諒太は努力の天才。井上尚弥はただの天才。

WBA世界ミドル級チャンピオンの村田諒太選手が30日、記者会見を開き、10月20日に米ラスベガスで同級2位ロブ・ブラントと2度目の防衛戦を行うと発表しました!  村田選手がラスベガスのリングに立つのは …

那須川天心や木村翔が負けるもったいなさ

米国のボクシング専門サイト、ボクシングシーン・ドットコムが3日(日本時間4日)2018年の表彰選手を発表しました! 各部門、さまざまな名ボクサーが選出される中  ボクシングシーンの年間最高試合はなんと …



Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish