山田BODYがボクシングを語るブログ

山田BODY/元アマボク日本ランカー・ストレッチトレーナー芸人

WBA WBC アマチュア出身 スーパーチャンピオン リスペクトボクサー 再戦 持論 海外世界チャンピオン 無敗

カネロVSゴロフキンは5Rにすべて決まっていた

投稿日:2018年9月17日 更新日:

ミドル級頂上決戦、WBAスーパー&WBC王者ゲンナジー・ゴロフキンと元WBC王者サウル“カネロ”アルバレスの再戦が15日(日本時間16日)、米ラスベガスで行われ、カネロがゴロフキンとの激闘を2-0判定で制しました!!

スコアは115-113×2、114-114
ジャブの差し合いで始まったこの試合。
ドーピング問題や、カネロびいきとの声がちらほら聞こえますが、私は5ラウンドのカネロの攻めを観ると、単純にボクシングの実力としてカネロの勝ちでいいと思います。

あの相手を追い詰める足の使い方、ゴロフキンがカネロをさばこうとジャブを打ってきたパンチを外してのリターンストレート、ショートのアッパー・・・

アレをされるとゴロフキンは距離を詰めて戦うしかなくなります。

そして6ラウンドは足を止めて接近戦に臨み始めたゴロフキンですが、そこでもカネロが一枚上手。
ストレート気味の左で自分の距離を測ると、そこからの強烈な左ボディ。

7ラウンドには、左を警戒するゴロフキンの隙を突く右ストレートやかぶせ気味の右フック。

その後の乱打戦の採点の仕方は、まぁ人それぞれなのでなんとも言えません(笑)

でも心理的優位に立ってたのはカネロではないでしょうか?



スポンサードリンク

なので私の採点はカネロで。

両者は昨年9月に対戦してドロー。スコアは118-110でカネロ、115-113でゴロフキン、もう一人が114-114。これはゴロフキンの勝利を支持する声の多く、特に8ポイント差でカネロ勝利の採点が問題になった。

さらに今年5月に決まった再戦がカネロのドーピング違反で延期に。ゴロフキンがカネロを再三批判し、試合報酬の配分でももめて交渉が決裂しかけるなど、因縁の再戦にふさわしい不穏なムードが出来上がっていた。
28歳のカネロは50勝34KO1敗2分。プロ初黒星で戦績は38勝34KO1敗1分。これでミドル級の世界王者は以下のようになった。

◇ミドル級世界王者
WBAスーパー王者 サウル“カネロ”アルバレス
WBA王者 村田諒太(帝拳)
WBC王者 サウル“カネロ”アルバレス
WBC暫定王者 ジャモール・チャーロ(米)
WBO王者 ビリー・ジョー・サンダース(英)
IBF王座決定戦(10月27日) ダニエル・ジェイコブス(米)vsセルゲイ・デレフヤンチェンコ(ウクライナ)

-山田BODY-

【9/17動画UPしました!!】
ゴロフキンVSカネロ・アルバレスから学ぶボクシング
必見!実力者の追い詰め方』

余談ですが・・・
私、パーソナルトレーニングジムを立ち上げましたので良ければご覧ください
Beauty Boxing Bodycare

ブログランキング参加中!
最後まで読んでくださりありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

パーソナルトレーニング

順番ダイエットブログ

スポンサードリンク





 

 

-WBA, WBC, アマチュア出身, スーパーチャンピオン, リスペクトボクサー, 再戦, 持論, 海外世界チャンピオン, 無敗
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

亀海負傷、ジムは腕の見せ所

米カリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムのイベントに出場予定だったWBA・S・ウェルター級9位の亀海喜寛選手がトレーニング中に右肩を負傷。 27日の試合出場を取りやめることになったそうです。 …

村田諒太、東京ドームで防衛戦!!

村田諒太選手の目標 「東京ドームで防衛戦」 少し前は大きな夢だったことが、現実味を帯びてきました! トップランク社CEO、ボブ・アラム氏は 「東京で試合をプロモートするのは私の夢だった。ぜひ東京ドーム …

世界の村田諒太から学んだビジネス術

横浜アリーナで23日挙行されたトリプル世界タイトルマッチのメイン WBA世界ミドル級タイトルマッチは、王者の村田諒太(帝拳)が挑戦者8位スティーブン・バトラー(カナダ)に5回2分45秒TKO勝ち。 2 …

八重樫東最終章、同門の後輩モンスター井上尚弥の影に隠れるか?それとも・・・

元3階級制覇王者の八重樫東選手が4月8日、後楽園ホール「フェニックスバトル67」でノンタイトル10回戦を行うことになりました!! 対戦相手は未定 35歳の八重樫選手はこれまでにWBAミニマム級、WBC …

亀田和毅よ、嫌われ者は何やっても嫌われ者だよ

16日後楽園ホールで行われたIBF世界S・バンタム級タイトルマッチの終了後、同級3位の亀田和毅選手がリングインして新チャンピオンになったドヘニーに対戦をアピールした問題で、協栄ジムが20日、日本ボクシ …



Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish