『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』

山田BODY/元アマボク日本ランカー・現ストレッチトレーナー

WBO ミニマム級 感想 持論

谷口将隆、世界挑戦失敗でサウスポー卒業!?

投稿日:

WBOミニマム級タイトル戦が本日3/26
後楽園ホールであり、同級2位の谷口将隆(ワタナベ)が王者のビック・サルダール(フィリピン)に0―3の判定で敗れ、王座獲得はなりませんでした。


プロ14戦目でつかんだ世界初挑戦

昨年7月に山中竜也選手を破り王座に就いた実力者、サルダールの前に結果を出せず悔しい形となりました。

同期の2階級王者、京口紘人選手との距離も再び離されることになりました。

私も現役時代、高1で一緒にボクシングを始めた幼なじみがものすごい運動神経の持ち主で、もちろんボクシングの実力も相当なものでした。
今だったら、
「こいつと差別化を図るには?こいつより強くなるには同じことをやっていてはいけない。どうオリジナリティを出すか?」

と考えるのですが、当時はただがむしゃらにやってしまい、同じ練習をしているそいつとはどんどん差が開いていきました。

そこには悔しさとは別に、妬みという感情も多少はありました。

私の例とはレベルが全く違うかもしれませんが、谷口選手もそういった感情に襲われることがあると思いますし、今回の敗北でますます自信を失っていることでしょう・・・



スポンサードリンク

でもまだ25歳!!

まだまだやれますし、まだまだボクシング人生逆転のチャンスはあります!!

そのため再起に向け、今回世界戦を戦ったチームでやってゆく

という選択肢もあるのですが、私はここは思い切って大きな「変化」をするのもアリではないかと、無責任ながら勝手に思っております。

正直、長年そのジムでやってきた練習方法、同じ環境で

「さぁ、今回の試合で変えるべきところが見えてきた!リベンジに向けて」

となったところで、正直大きな変化は臨めないと思います。(私の個人的考えですのであしからず)

もういっそのところ、所属ジムを変えるだの、極端な話、サウスポーからオーソドックスに変えるくらいの大きな変化をするべきだと思います。

「成長したければ今すぐ環境を変えろ」

という言葉があります。

誰が言ったのかを完全に忘れましたが私の好きな言葉です。

(1番と言っていいほど好きな言葉なのですが、誰が言ったかを完全に忘れました・・・)



スポンサードリンク

そう言っている私も子供2人妻1人を守る身として人生には臆病で、石橋を叩いて渡ってる34歳の春ですが、ボクシングは選手に自分の人生、自分の理想、自分の夢を重ね合わせて観るものだと思ってます。←自分勝手(笑)

よって、勝手に谷口選手に自分の理想を重ね合わせ、

サルダールへのリベンジを熱望します。

-山田BODY-
さて、私のパーソナルジムでミット打ちをやってみたい方30分体験にご参加ください
体験に興味がある

YouTubeほぼ毎日更新中
「山田BODY」で検索・チャンネル登録よろしくお願いいたします!


肩腰の入ったパンチの打ち方レッスンはこちら⇒【3500円30分体験受けてみる


おまけ

ブログランキング参加中!
最後まで読んでくださりありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

パーソナルトレーニング

順番ダイエットブログ



 

 



-WBO, ミニマム級, 感想, 持論
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

亀海喜寛~私のはるか先を歩く亀~

わたくし先日、亀海喜寛選手のことを記事にしておきながら、 【引退】亀海喜寛はアニメの主役のような男だった 引退を受け入れられず、連絡ができずにいました。 そんな中、何気なくInstagramを開くと・ …

ゴロフキン、スターならではの発言

WBAスーパー・WBC・IBFトリプル王者ゲンナジー・ゴロフキンとメキシコのスーパースター、サウル・カネロ・アルバレスの直接リマッチが5月5日に行われることが正式に決まりました! 前回、この両者の対戦 …

山中竜也23歳の第二の人生

前WBO世界ミニマム級王者、山中竜也選手は31日、神戸市の旧真正ジムで記者会見を開き現役引退を表明しました。  7月13日、神戸市中央体育館で行われたビック・サルダールとの2度目の防衛戦で7回にダウン …

ノリノリ京口を「家族のために」倒せるか!?久田哲也

WBA世界L・フライ級タイトルマッチ(10.1大阪市エディオンアリーナ大阪)でスーパー王者、京口紘人に挑戦する同級1位、久田哲也が23日、同アリーナ第2競技場で行われた真正ジムの興行のメイン前に公開練 …

『田中恒成×木村翔』から現在のボクシング界を考える

9月24日WBO世界フライ級タイトルマッチで田中恒成選手が3階級制覇をかけ、チャンピオン木村翔選手に挑むことを発表しました!! 田中選手はミニマム・Lフライ級を制し、現在はWBOフライ級の1位です! …



Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish