『ボクシング好きによるボクシング好きのためのブログ』

山田BODY/元アマボク日本ランカー・現ストレッチトレーナー

WBSS 持論

井上尚弥「YouTubeはやらない」

投稿日:2020年7月1日 更新日:

井上尚弥選手が「YouTubeはやらない」と断言したそうですね。

SNSの情報なので直接見聞きしたわけではないのですが、なんかそれを観た時うれしかったです。

同じ気持ちの方多かったのではないでしょうか?

わたしはYouTubeをする格闘家をまったく否定しているわけではないですし、むしろ無料でいろんな目線から表現してくれるYouTubeという媒体を使った大好きな格闘家たちの映像は本当に見ごたえがあります。

ただ、私的に本音を言うと
格闘家の現役中はそんなことしなくていいんじゃないの??

と思ってしまいます。(古臭い考え方かもしれませんが)

例えば、私は芸人でトップになりたくて大学卒業後に松竹芸能の門を叩き、もがき苦しみながら歩んだのですが実力不足で純粋なお笑いには限界を感じ、
高校時代から学んできた解剖学の知識を活かしトレーナーとして極めることを決め、そこからタレントとして自分の「身体に対する考え方をエンタメとして広める」という夢のために進んでいます。

…ややこしいことを書きましたが要は、「お笑い一本じゃ無理だと感じた」
ということです。

そんな低いレベルの話じゃないんだよ!
と言われそうですが、漫才師はセンターマイクの前が一番かっこいいように、格闘家はリングの上が一番かっこいいですよね。

なので、井上尚弥選手はボクシングで世界最強の姿を我々に見せてくれればそれで十分すぎると思うんです。

ただ、朝倉兄弟(未来選手・海選手)を筆頭に那須川天心選手や京口紘人選手(他、たくさんいらっしゃいますが知識不足ですみません…)
のようにしゃべりが達者でコミュ力が優れ、カメラの前でのバラエティ力も優れている格闘家の方はほんとに尊敬します。

あんたらいくつ才能あんねん!?(笑)
さらにみんなイケメンでもあるし…

なにを言いたいかよくわからなくなってしまいましたが、井上尚弥選手がさらに好きになったのでブログを更新した次第です。

もし、気分を害した方いましたら申し訳ありません。
完っ全にしょうもない個人の意見ですのでお許しください。


●現役時代、6日で9キロ減量したときに思いついたダイエット法です。

●サブチャンネル開設しました↓


チャンネル登録お願いいたします!

◆著者◆
ボクレッチ(ボクシング&ストレッチ)トレーナー・芸人
山田BODY

私のパーソナルジムでストレッチを受けてみたい&ミット打ちをやってみたい方30分体験にご参加ください
体験に興味がある

twitterやってます!!👇
山田BODYtwitter

YOUTUBE始めました!!ご登録お願いします♪👇
山田BODYチャンネル

ブログランキング参加中!
最後まで読んでくださりありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村



 

 




  • LINE
  • -WBSS, 持論
    -, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

    執筆者:


    comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    関連記事

    ワールドカップの日本勝利!そんなことよりネリ復帰!?

    WBCは18日、山中慎介選手との再戦で大幅に体重オーバーしタイトル剥奪、無期限資格停止処分を受けた</span>前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリに対し、資格停止は9月1日までと通達し …

    タイガー・ウッズのスイングと井上尚弥のパンチは同じ原理

    先日のZOZOチャンピオンシップご覧になられましたか?? ゴルフ未経験者の私でも楽しめました!! そこでタイガー・ウッズの凄さについてあることを感じましたので良ければこちらをお読みください!! 祝!タ …

    祝!最高KO賞!井上尚弥

    アメリカのボクシング専門誌「ザ・リング」が2018年の各部門受賞者を発表しました! 最優秀選手賞…オレクサンドル・ウシク(ウクライナ=クルーザー級4冠統一王者) 最高試合賞…カネロ・アルバレスvsゲン …

    「辰吉の息子」の親離れ

    辰吉寿以輝選手がデビュー7連勝(5KO)目を飾りました。 ただ、ボクシング経験者の方ならわかると思いますし、父である辰吉丈一郎氏も感じていることだと思いますが、寿以輝選手はボクシングのセンスは普通です …

    村田諒太VS井上尚弥、お前一人に目立たせるもんか!いよいよブラント戦

    いよいよゴングとなるダブル世界タイトルマッチの計量が11日行われ、メインのWBA世界ミドル級タイトルマッチは、王者のロブ・ブラントは72.2キロ、前王者で挑戦者4位の村田諒太選手は72.3キロでリミッ …



    Arabic Arabic Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Dutch Dutch English English French French German German Italian Italian Japanese Japanese Portuguese Portuguese Russian Russian Spanish Spanish